smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

旅が楽しくなる動画

ここ1年は忙しいのと財布が寂しいのが重なってあまり旅行にも出れないお寒い状況で、人様の旅館レポを見ては行った気分に浸って安らかな満足感を得る日々ですが、旅館レポと共に旅行に行った気分にさせてくれるのが、車載動画!

酷道ラリー等が有名ですが、車載動画の中で一際異彩を放つ動画をちょっと御紹介。




このうp主は江戸の街道を原付で走破するのですが、その際、現在はただの路地になってるような旧街道跡も丹念にトレースし、且つ街道に纏わる様々なおもしろい情報を盛り込んで動画を作り込んでいて、単に走っている動画を垂れ流す他の車載動画とは一線を画しています。しかも満遍なくネタも仕込んでいてまさに走るエンターティナーw
貼りつけたのは日光街道ですが、この他に奥州街道、現在は甲州街道を西に進んでいます。
歴史好き、地理好きの人は必見です!思わず唸る程の面白さっす。

実際この動画を見てからは、普通に国道をドライブする際にも、今まで考えた事もないような視点で周りの景色を見れる様になり、旅行が一段と楽しくなりましたよ!はい。

まぁ、冒頭にある通り全然旅行に行ってないんですが。ええ。

at 22:45, ハマー, その他

comments(0), trackbacks(1)

自分専用旅行地図

旅館に行ってないので書くこともあまりないのですが・・・
今日は僕が使っている地図ソフトの紹介をしてみます。

続きを読む >>

at 12:23, ハマー, その他

comments(6), trackbacks(0)

四国上陸決定(但し来年)

ごぶさたしております、ハマーです。

温泉旅館が最も混む年末年始の宿取りで大きく出遅れてしまった僕ですが、だんだん年末年始とか関係なく、
行きたい温泉のupdateをする感じで毎日温泉旅館のHPを渡り歩いております。

そんな中、『ホテル祖谷温泉』のHPを見てみると、なんと!!!今年の3月に新客室が出来てたんですね!
しかも新客室は6部屋もあり、露天風呂付客室や展望風呂付客室などもある!

『ホテル祖谷温泉』は秘境の温泉宿としてかなり有名で、僕がまだ露天風呂付客室に拘る前から色々な雑誌で見て、いつかは行きたいと思ってた宿なんですよ。
四国は道後温泉以外あまり有名な温泉はないのですが、四国の温泉に行くならここしかない、と前から思っていたお宿でした。
HPをご覧頂くと分かるとおり、渓谷に建てた一軒宿の温泉宿で、渓流沿いの露天風呂にはケーブルカーで行くんですよね!

まさに秘湯という感じでチェックはしていたのですが、場所も遠いし、僕が生意気にも高級旅館にシフトして行った為、最近はHPも見てませんでした。
それが、なんと絶景の露天風呂付客室が新しく出来たということで、俄然訪問意欲がMAXまで高まってしまいました。
年末年始は当然の様に満室だったのですが、既に年末年始の予約取りに苦戦した僕はさすがに成長してました。
すかさず来年のGWに空室があるか確認し・・・・そのまま予約してしまいました!!ヽ(´ー`)ノ

まだ10月ですので半年以上先の予約です。間違いなく、断トツで僕が予約した中で最長記録になりました( ´ー`)フゥー
なぜか既に妙な達成感がありますねwww

HPを見ると標高が高いこともあり冬は雪景色にもなるようですし、秋も紅葉が素晴らしいようです。本音を言うと秋・冬どちらかに訪れたかったのですが、僕の今住んでいる東京から遠く離れていることもあり大型連休でしか訪れることが出来ない場所なのでGWに行くのが精一杯というところです。

尚、ここはネット予約はできなかったので、電話で問い合わせをして予約をしました。
電話番号は 0883-75-2311 です。

一番良い部屋である505号室を無事取れましたが、GW料金でも2名で¥33,750/人なのでやはり首都圏と比べるとリーズナブルですよね。
ちなみに、予約の際、「パンフレットと一緒に郵便振替用紙を同封するので先に入金して下さい。」と言われました。
前渡金制なのですねorz

それと旅程ですが、まだ明石大橋を通ったことがないのでレンタカーを借りて車で訪問しようかと考えております。
・・・・・・・・・・・・・・・・東京からw

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 17:57, ハマー, その他

comments(37), trackbacks(0)

九州温泉巡り計画策定 [九州]

こんにちは!
月1更新が定着しつつあるハマーです。。

まだまだ確実ではないのですが、9月に夏休みを取れそうなので、今週1週間掛けてどこに行くか検討をしました。
GWに北海道に行ったこともあり、今回は西日本に行こうと思って色々雑誌、ネットで調べたのですが、北海道と並んで温泉大国である九州で、まだ一度も温泉旅館に宿泊したことがなかったこともあり、九州に行くことにしました。

九州と言えば、湯布院、湯布院と言えば御三家と当然なるのですが、御三家で一番僕好みなのが『山荘 無量塔』で、泊まるならやはり2年前に新しくできた部屋にと考えていたのですが、やはりかなり高い!!

とは言っても一人当たり50,000円〜/泊で鄙の座と比べると同程度なのですが、生憎僕は先月高額なお買い物をしてしまったため金欠
。・゚・(ノ∀`)・゚・。

というわけで、他も探してみることにしました。

その結果、浮上したのがこの2件。

ひとつは佐賀県の武雄温泉にある『風の森
こちらは昨年の5月に出来たお宿で全8室しかない小さな旅館。すべての部屋はすべて異なるそうですが、どの部屋も大きなテラスがあり、そこに客室専用の露天風呂があります。お風呂も檜風呂、ガゼボ付き、ジャグジー式等々様々で、僕も結構悩んだのですが、大きな檜風呂タイプの『空』という部屋を予約しました!

そしてふたつめは鹿児島県の霧島温泉にある『ふたり静
こちらはなんと今年の5月にオープンしたばかり。そして全5室とこちらも極限まで小さな旅館で、全部屋すべて離れの造りで、プライベートを満喫できるようです。当然、お部屋はそれぞれ違ったインテリア、お風呂となっており、専用岩盤浴の付いた部屋や専用サウナの付いた部屋まであります。
そしてこの旅館の一番の売りは料理だそうで、湯布院で名を轟かせたシェフがこの旅館に移って来たのだそうです。
風の森と同じく、どの部屋にするか悩んだのですが、相方にも意見を聞き、専用岩盤浴のある『花の音』を予約しました!

ちなみに風の森が¥22,050/人(平日)、ふたり静の『花の音』が¥33,100/人(休前日)というお値段で2件合計で丁度、山荘 無量塔1泊分で収まりましたd(´∀`)bイエー

両方の旅館共、ニューオープンで部屋の造りも凝ったものなので、僕の嗜好にもばっちりで、これはなんとしてでも夏休みを確実に物にしなければなりませんね〜。

ふたり静をネット予約される方は下記サイトを御参照下さい。
一休.comへ
じゃらんnetへ

風の森はネット予約は扱っていないそうなので、予約の際は0954-20-6060(受付時間:10:00〜21:00)まで直接お問い合わせ下さい。部屋のタイプなど詳細に教えてくださいますよ〜。

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 11:57, ハマー, その他

comments(34), trackbacks(0)

露天風呂付客室のある高級旅館の探し方

GWに今年初の高級旅館巡りをすることが決定したものの、それまで間が空き過ぎるので今回は「露天風呂付客室のある高級旅館」の探し方に就いて纏めてみたいと思います。

すみません、ネタ不足で(´Д⊂

で、探し方なんですが、多分皆さん似た様な感じだと思うのですが、

.優奪箸領拘曠機璽船汽ぅ箸妊團奪アップ
OR
 馬天風呂付客室のある旅館を特集した雑誌でピックアップ
個人的に良さそうと思った旅館の独自HPをチェック
F伴HPの内容も問題なければ予約TRY

こんな感じでしょうか。

で、ここで僕が常々探しにくいなぁと感じているのが,覆鵑任垢茲諭
旅館検索サイトは数多あるのですが、「露天風呂付客室のある旅館」を人くくりにして纏めてくれているサイトがあまりないことと、あってもその特集ページに飛ぶリンクがどこにあるのか分かり難く、行き着くことが難しいという2点が大きいですねぇ。

皆さんも「以前どこかで特集サイトを見た記憶があるけど、どこだっけな??」という思いをしたことはないですか?

僕は最近富みに物覚えが悪くなってきたのでよくありますw

というわけで、僕が良く使っている露天風呂付客室のある旅館を特集しているサイトのリンクを僕のためにもここに貼っておくことにしようと思います!

1.
JTBさんの露天風呂付客室のある旅館の特集ページ
 
まずはJTBさんの特集ページです。さすが日本一の旅行業者さんだけあって品数は断トツの多さでなんと319旅館もあります!
逆に言えば玉石混合の状態ですので、あまり安い旅館は無視するのと、「総合90点以上」の宿を中心に見ていけばいい旅館がたくさん見つかると思います。
それと特集ページ以外にも大変便利なサーチサイトがJTBさんにはあります。
それが前回もちょっと触れた
スーパーサーチ
です。
これは細かな条件と予算、日付を決めた上でピンポイントで旅館をサーチできるすぐれものなのですが、条件の中に「露天風呂付き客室のある宿」もあるので、日取りがもう決まっているのであればこのスーパーサーチから探すのが効率が良いと思います。斯く言う僕もスーパーサーチのおかげでGWの旅行を無事決めることができました(´ー`)


2.一休.comの露天風呂付客室のある旅館の特集ページ
一休.comさんの特集ページは今現在84旅館です。JTBさんと比べるとさすがに数自体は少ないですが、人気旅館や新しい旅館が多く内容は大変濃いですね。それと旅館の説明ページはJTBさんと比べると写真が多く、説明も丁寧ですのでその宿のイメージがとても湧き易いサイトだと思います。

特集サイトで私が使っているのはこの2つがメインなのですが、もう一つおまけを。

3.オズモールの露天風呂付き客室のある旅館の特集ページ
オズモールさんで予約のできる温泉旅館は数がまだまだ少なく関東近辺に偏っていまして露天風呂付き客室のある旅館もいまのところ21旅館に留まっているのですが、オズモールさんのサイトの一番の売りはなんといっても安い!!ことでしょう。客室露天プランでも2万円を切るプランがあったりするので予算があまり取れない方や、一度試しに客室露天を試してみたいという方には大変ありがたいサイトと思いますね〜。


さて、サーチサイトの紹介はここまでとし、最後に旅館独自のHPのチェックに合わせて僕がやっていることを紹介したいと思います。それは口コミサイトで実際その旅館に行った人の意見を確認するということです。旅館の口コミサイトも旅館サーチサイト内にあるものを含めるとかなりの数あるようですが、僕がいつも頼りにしているのは旅館グランプリさんのサイトです。口コミだけではなく、料理やサービスなど6項目で5点満点の評価も載ってますのでとても参考にしています。ただ、誰でもコメントや評価が出来るようになってますので、もしかしたら行ったこともない人が適当に評価していたり、身内で評価を吊り上げていたりしている場合もあるかもしれませんが、あくまで参考程度ということで割り切って使えばいいのかな、と思っています。

以上、結局普通の探し方を滔々と羅列しただけのような感じもしますが、何かしら皆様のお役に立ったのなら幸いです。

日々サーチを積み重ね、自分のベストと思える旅館に巡り合えるといいですよね〜!

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 20:56, ハマー, その他

comments(14), trackbacks(0)

GW高級旅館巡りツアー決定

年末・年始の温泉旅行が終わって、もそもそと生活していたらそろそろGWの予約をしないといい宿がとれないことに気付いて漸く先週末プランを練って、宿を予約しました。

無事予約できたのですが、実際ギリギリセーフという感じで1週間ずれていたら無理だったでしょうね。ヨカッタ!!(・∀・)

まず「どの方面に行くか」から決めようと思ったのですが、去年の年末に届いたANAの株主優待チケット(国内線すべて正規料金の半額で乗ることができます。)の使用期限が5月末迄となっていたので、これは使わないともったいないなと思い、飛行機でしか行けないエリアに行こうということになりました。
そうなると、もう北海道、九州、四国、中国のどこかになるのですが、四国、中国は高級旅館があまりなくすぐに除外しました。
結局九州と北海道で悩んだのですが、JTBのスーパーサーチでGWの予約状況を見ると九州は殆ど空室がなく、この時点で自動的に北海道に決まりました('∀`)

JTBのスーパーサーチを見ると、このブログで記念すべき第一回目のレポートを書いた現時点で僕のNO.1高級旅館「阿寒鶴雅別荘鄙の座」に空室があるではありませんか!!!

一瞬、まだまだ、たいした数の旅館に行ってもいないのにまた同じ宿に行くのはどうかな?とも思ったのですが、去年の夏に鄙の座を訪れて以来そこそこの数高級旅館に行って経験値も上がったので、この状態で再訪するとどんな風に今度は感じるんだろうという思いもあり、やっぱり鄙の座に行くことにしました!
ちなみに前回はCタイプの部屋に泊まったのですが、今回はグレードアップしてAタイプの部屋にしました!
かなり楽しみです!

そして今回ももう一件高級旅館に泊まろうと鋭意検索していたのですが、僕が頼りにしている旅館グランプリで北海道エリアに登録されている旅館を色々確認してみたのですが、鄙の座を超える程の評価をされているのが全然ありませんでした。
実は、その中でただ1件鄙の座に勝るとも劣らない評価をされていた旅館があったのですが、それが「三余庵」というお宿で2004年の1月にオープンしたばかりの旅館でした。
三余庵は「蔵群」という小樽にあるモダンデザインの温泉旅館のハシリとしてめちゃめちゃ有名な旅館があるのですが、その旅館のデザインを担当したデザイナーが新たに手掛けた旅館ということもあって色々な温泉雑誌に登場してとても有名な旅館なんですよね。
だから僕が最初にJTBのスーパーサーチで確認したところ当然の様に満室で諦めて他の旅館を探していたのです。

というわけで、さらに色々探していたのですが、予約したいと思う旅館が中々見つからず、それならば変に妥協して泊まるよりは、今回は高級旅館は1件だけにして、あとはグルメメインで泊まるところは比較的安いシティーホテルでも探して泊まろうということに気持ちが固まったため、方向転換してホテルを予約することにしました。

で、適当にホテルを予約して気付いてみれば夜中の2時になってました。プランを練ろうと思ってパソコンの前に座ったのが夕方でしたので、軽く8時間くらいずっと探しまくってたことになりますw
本当に旅館探しや旅行の計画を脳内で練ったりネットで検索して詰めて行くのは愉しいもんであっという間に時間が過ぎてしまいますよね〜。
仕事もこれくらい打ち込めればいいと思ったりもしますが(;^ω^)

ここまで一先ず済んで、夜も更けたので寝ようかな〜と思って十数個開いてるIEのウィンドウを閉じまくってたのですが、先程のJTBのスーパーサーチの画面が現れたので、半分シャレで更新ボタンを押したところ、なんと「三余庵」が予約可となっているではありませんか!
初めは当然の様に自分の眼を疑い何度も更新ボタンを押したのですが、どうやら本当にキャンセルが出て予約可能になったようでした。
それで、「すわこのチャンスを逃してなるまい」といきり立ち速攻で予約をネットで行い無事予約を確保することができました!
返す刀で先程取った休めのホテルの解約もしっかり実行しておきましたw

というわけで、一度は諦めかけた、鄙の座+三余庵のはしごという夢の様なコラボレーションが実現できることになりました!

今からかなり楽しみです(*´д`*)

後はGW中に変な出張が入らないことを祈るばかりです。
(-∧-;) ナムナム


JTBの鄙の座予約ページへ

一休.comの鄙の座予約ページへ

JTBの三余庵予約ページへ

一休.com三余庵予約ページへ

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 21:40, ハマー, その他

comments(16), trackbacks(0)

東京カレンダー3月号

正月以来残念ながら温泉に行けておりませんが、新しい宿のチェックも兼ねて定期購読している「東京カレンダー3月号」が「誰も知らない最新の温泉へ」と題してニューオープン&リニューアルの温泉旅館を特集していたのでその内容を書いてみたいと思います。

紹介されている温泉旅館の数は結構多くて、なんと21軒!
昨年の暮れに箱根にニューオープンした話題の『金乃竹』から始まり、大人気の『無雙庵 枇杷』等のメジャー高級旅館や今まで他の雑誌で見かけなかった温泉旅館もありとても充実しています。
僕が行った下呂温泉の『みやこ』も『しょうげつ』も両方載ってましたね。どちらもリニューアルオープンというには無理があるような気もしますがw

この雑誌を見て改めて行きたいと感じたのが石川県・山代温泉にある『白銀屋』ですね。
他の雑誌にも紹介されていたのですが、部屋の雰囲気がめちゃくちゃかっこいいんですよね。本館の「白銀クラシック」が純和風の造りに対して新館の「加賀モダン」は和洋を混ぜた和モダンの部屋になっていて、こちらの部屋の写真を雑誌やサイトで見るとめちゃめちゃいい感じなんですよね。かっこよすぎるで、逆に実際泊まると落ち着かない可能性もありそうですが。
それと北陸の温泉なので料理が蟹メインのようですね。僕は蟹は年に1回くらい本当に美味しいものが食べられれば満足なので、行くのはちょっと先になってしまうかもしれませんねぇ。

白銀屋の紹介ページです↓
白銀屋
えらい見難いですねw

東京カレンダーのサイトにも6軒ほど簡単に宿の紹介文と写真が載っていますが、載っていない旅館もたくさんあるので興味のある方は是非、買うなり、立ち読みしてみて下さい!
尚、エリアでは箱根・伊豆がやはり多く、あとは北関東、北陸、東海に加え、山口県や九州まで満遍なく押さえてましたよ。

ネットで購入される場合はこちらから(JBOOKのサイトへ)


ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 12:44, ハマー, その他

comments(18), trackbacks(4)

今週末の天気

今週末の三連休で下呂温泉と伊良湖温泉に行く予定なのですが・・・

gero

下呂はずっと雪ですねΣ('∀`;)

雪見風呂確定なのは嬉しいのですが、先週末も岐阜は狂ったように吹雪いてましたし無事着けるかが心配になってきました。。。
レンタカーで行くのですが、一応スタッドレス着用で手配しているのですが、なにせ雪道は走り慣れてませんし、3年ほど前に福地温泉からの帰りに吹雪の中チェーンが切れて遭難しかけた苦い経験があるのでやや不安になってきました。

無事に着き、温泉を満喫してここでちゃんと報告したいものです。
(-∧-;) ナムナム

ランキング

at 22:22, ハマー, その他

comments(0), trackbacks(0)

はじめに

露天風呂が好きで温泉に行くのが趣味なんですが、去年調子に乗って露天風呂付き客室のある所謂『高級旅館』に泊まったところ、あまりの快適さに、こりゃもう部屋に露天風呂ついてないところには泊まれんな、とふざけた体質になったため、それからは雑誌、ネットで露天風呂付き客室のある旅館を探しまくって、候補先を絞りつつ順番に行くようにしました。(まだたいしていってない。。。)
で探しまくっててふと気づいたのが、所謂部屋付き露天に特化したホームページがあまりないということ。
で、それなら自分でブログで纏めた方がいいかなと思いましてこのブログを作ることになりました。
頑張りますので、よろしくお願いします。

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 23:15, ハマー, その他

comments(0), trackbacks(0)