smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode
<< 鷹巣温泉 割烹旅館 越前満月 [北陸] | main | 東京カレンダー3月号 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

下呂温泉 今宵 天空に遊ぶ しょうげつ(翔月) [東海]

年末年始旅行の二泊目はまた下呂温泉に行って参りました。先週の「みやこ」から僅か一週間。なかなかこんな酔狂な人間はいなさそうですね。。。福井からは国道158号線を使えばほぼ最短距離で行けるということで予定していたのですが、折からの豪雪で福井・岐阜の県境付近でこの158号線が不通となっており、結局福井ICまで引き返して北陸道・東名・中央道と思いっきり遠回りさせられてしまいました。そのためチェックインも遅れてしまい無念。。。やはり冬季は安全策を取った方がいいですね。いい教訓になりました。

今回泊まったお宿は『今宵 天空に遊ぶ しょうげつ』という宿です。すぐ隣にある下呂観光ホテルの姉妹旅館で、最近迄は「下呂観光ホテル 翔月」という名前だったようですが、なんというかすごい凝った名前にして独自性を高めたようですね(;・∀・)

この旅館の売りは展望の良さでして、下呂の温泉街の外れの高台にあり下呂の温泉街を部屋や大浴場から一望できます。
下呂の夜景なんてたいしたことないのでは?と行く前は思ったりもしてたのですが、実際見てみると飛騨川を挟んで街並みが広がりなかなか綺麗でした。また、JRの高山本線が走っており、時に聞こえる電車の通る音も旅情を盛り上げてくれて(・∀・)ヨカッタ♪

高台にあるだけあって、旅館の手前はものすごい急勾配の細い道を車で駆け上がる必要があります。冬は凍結していてかなりスリリングです!危険な時はしょうげつのすぐ下にある下呂観光ホテルの本館に車を停めるようなのですが、今回はスタッドレスをはいていたのでなんとか登り切りました( ´ー`)フゥー...

車で上がって行くと玄関の前には既に数人の従業員の方がスタンバっており、すぐに車を預かってくれ、ロビーに案内してくれます。玄関の前から見る景色も綺麗で、ここからすでに高級旅館のオーラがプンプン漂ってきます。いいですねぇ。
そしてチェックインするロビーがまた素晴らしい。
ロビー↓
しロビー
ここでお茶菓子を頂きながらチェックインします。
ロビーの横にはラウンジがあり、ここがまた和モダン風で( ・∀・)カコイイ!!カッシーナのソファーが並び綺麗な暖炉もありました。
ラウンジ↓
しラウンジ

ラウンジは夜も開放されていて、ここで寛いでいると従業員さんが美味しいコーヒーを入れてくれます( ゚Д゚)ウマーし、ハーブティーなども置いてました。高級旅館はどこも同じでお客さんは殆ど部屋に篭ってしまうため、夜にラウンジに二階行ったのですが、どちらも他に誰もいなくとても寛げました。皆さん、勿体無い。。。

お茶菓子を頂いた後、恒例の女性の浴衣選びを行ったあと、いよいよ部屋に案内してもらいます。

旅館の造りですが、玄関、ロビー、ラウンジは2階に位置し、1階は食事処、3階が大浴場、4階から10階が客室となっており、客室は各階3部屋になっています。各階3部屋しかないため、どの部屋も70岼幣紊△蠅箸討盥い造りになっています。このうち4階と5階の6部屋に専用露天風呂がテラスについており、僕は4階のつま側(サイド)の部屋に泊まりました。
部屋はメインが大きい和室、それに洋風のリビング、広縁にも一人掛けのソファーがあります。
和室↓
和室
リビング↓
しリビング
広縁↓
広縁

リビングには大型の液晶テレビとDVD、BOSEのコンポがありました。DVDは受付で映画を何種類か用意しており借りることもできます。

そして肝心の部屋付き露天ですが、広いテラスにで〜んと陶磁器の露天風呂があります。
部屋付き露天↓
しょうげつ部屋眺望
テラス↓
しテラス

大きな湯船に浸かりながら、眼下に広がる景色を眺めるのはとても気持良かった〜!!
残念ながら極寒のためテラスで寛ぐことは出来ませんでしたが、テラスにもソファーがひとつと椅子も2脚あり、夏はテラスでゆったり夜景を眺めるのもよさそうですねぇ。

次に食事ですが、先程1階に食事処があると書きましたが、予約がギリギリだったため食事処の個室が満室で部屋出しになってしまいました。残念_| ̄|○
こっそり食事処を除きに行きましたがかなり凝った造りになっており非常に悔やまれました。。。皆さんもし行く機会があるならば、予約時点で食事処で食べれるかどうか確認された方が良いかもしれませんね。

というわけで部屋出しとなってしまいましたが、料理の方はどれも美味しくまたテキパキ持ってきてくれるので結局大満足でした。残念ながら飛騨牛はほんのちょっぴりしか出ませんでしたが。。。
泊まったのが元旦ということもあり、おせち料理をアレンジした品が多かったですね。
先付け↓
先付け
お刺身↓
しお刺身
肉料理↓
し肉料理

最後に大浴場ですが、こちらもとても(・∀・)ヨカッタ!!まずラウンジと同じく殆ど他のお客さんに会わずほぼ貸切状態です。内風呂と露天があるのですが、露天からはここでも下呂の夜景を堪能できます。またお湯がやや温めの適温でじっくり浸かることができたのも良かったですね。じっくり浸かって分かったのですが、透明色のお湯なのですがまったりとした感じのお湯で体全体にじっくり染み渡るようなとてもいいお湯でした。ここでようやく天下の名湯・下呂の凄さが分かったような気がします。ほんとかよ。。。
大浴場↓
し大浴場

仲居さん曰く、部屋付きの露天と大浴場は源泉が異なるらしく、大浴場は下呂温泉街全体で利用しているもので、部屋付きの方は独自に採っているものとのことでした。たしかに部屋付きの方のお湯はすっきりした感じのお湯でしたね。こういう豆知識みたいなことを教えてもらえるとより旅館を堪能できて良いですね。

大浴場にはバスタオル、フェイスタオルが備え付けられていて入りに行く時は部屋から手ぶらでこれます。このサービスは高級旅館ではだいたい導入されているようですが、やはりある、なしで全然違いますね。当然あった方が楽チンで(・∀・)イイ!!何度も気軽に入りに来れますしね。

大浴場を出たところにセルフサービスですが、麦茶や黒豆茶など5種類くらいのよく冷えたお茶を飲むところと、マッサージチェアもおいてありますので湯上りにどうぞ。マッサージチェアはボタンが30個くらい付いているのでビビりましたが、色々な動きがあって面白かったです(´ー`)

最後に総括ですが、部屋も大浴場もラウンジもすべて高級感があり、尚且つ洗練された造りになっており、高級旅館の名に恥じない素晴らしい旅館でした。12月から合計4件宿泊しましたが、その中ではしょうげつがNO.1だったと思います。露天風呂付き客室は順次客室を改装しベッドルームを導入しているようですが、今回は残念ながらベッドルームタイプではなかったので今度はベッドルームタイプのお部屋で、且つ食事処を利用して泊まりたいなーと思いました。

宿泊料金

露天風呂付客室(つま側) ¥49,000/人(2名・特定日・消費税抜き)
※通常の休前日は2名で¥45,000/人

JTBの予約ページへ

じゃらんの予約ページへ

一休.comの予約ページへ

尚、直接旅館に電話にて予約される場合は、下呂観光ホテルの方に繋がりますので、しょうげつの予約であると先に告げた方が良いかと思います。僕が掛けた時はおじいちゃんが出て始めの3分くらい話が噛み合いませんでした(*´д`*)


ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

この記事を評価する

at 13:45, ハマー, 東海

comments(43), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 13:45, スポンサードリンク, -

-, -

comment
とがったナイフ, 2006/01/26 5:00 PM

ちょくちょく見にきてるナイフです。
ここのお宿も綺麗ですねー!
ナイフもこんなお宿に泊まってみたいでーす。

ハマー, 2006/01/26 11:35 PM

ナイフさん、コメントありがとうございます!
しょうげつは本当にお勧めですよー。
ハード、ソフトともに高品質でした!

サム, 2006/01/29 10:19 PM

はじめまして。
宿探ししてたらヒットしました。
どこもいいとこばかりですね、特に吟遊はよさそうに見えました。
参考にさせていただきます。

ハマー, 2006/02/01 9:36 PM

サムさん、コメントありがとうございます!
なかなか頻繁には行けませんが、地道に開拓していこうと思ってますので、たまに見に来て下さいね。

リー, 2006/03/10 3:24 PM

始めましてリーと申します。
高級旅館を探していたら、この探訪記に出会えました。
明日、しょうげつに行きます。
滋賀県からなので、岐阜までどんこうで、岐阜からワイドビューひだで行きます。
予約できたのは、露天風呂の付いてない部屋になりますが、楽しみにしております。
また、帰って来ましたら、感想書かせていただきます。

ハマー, 2006/03/11 1:32 AM

>リーさん

始めまして!コメントありがとうございます!
電車で旅行もいいですよね〜。
しょうげつは駅からちょっと離れた高台にあるのですが、高架を通る電車の音が旅情をかき立ててよかったんですよねー。
しょうげつは大浴場の露天風呂もとても良かったですよ!
もし食事処での夕飯でしたら、レポートお願いしますね〜。
コメント楽しみに待ってます!

ぺこ, 2007/03/05 11:30 AM

しょうげつに行こうと思っています。
露天風呂付きのお部屋で、中央かつま側かで迷っています。
つま側の方が露天風呂から見る景色が角なので、正面と横の2方から見れて綺麗なのかなーと思ったり、迷っています。
ご感想をお聞かせいただければありがたいです・・・
よろしくお願い致します。

ハマー, 2007/03/05 11:57 PM

ぺこさん、こんばんは!

しょうげつは眺望、お湯、館内設備、料理、サービスすべての面で素晴らしい
お宿でしたので、是非楽しんで来て下さい!

僕はつま側の部屋に宿泊しましたが、隅の方から見てもそこまで大きく
眺望は変わらないと思いました。
それと僕が泊まった時は部屋露天は角の方ではなく、中央の部屋寄りに
ありました。
角の方には椅子が2台あるのでこれからの季節ですとそこに座ってのんびり
景色を堪能できると思いますが。

それと中央の部屋は和室と広縁を繋げてパノラマウィンドウになっていますが、
つま側は和室の幅分しか正面の窓がないため、部屋にいるときの眺望の良さ、
開放感は間違いなく中央の部屋の方が上と言っていいと思います。
(その分値段も当然高いですがw)

頻繁に行けるお宿でもないのでもし中央のお部屋も空いているのであれば
中央のお部屋をオススメしたいですが、つま側でも十分素晴らしい眺望、開放感が
味わえると思いますよ!

パンダ, 2007/04/01 7:19 PM

こんにちは!
そういえば、私は本館の方に昨年かな?泊まりましたよ♪
お部屋のランクアップをしていただきましたし♪
本館は本当にコストパフォーマンスが良いお宿だと思います。「祥月」と迷ったんですけどね・・・。
温泉がとても好みだったので、次回は「祥月」って思ってます!

余談ですが。
「金の竹」に宿泊してきました。
写真を撮りすぎて編集がまだなのですが・・・。
来週までにはアップし終わるかなぁ〜って所です。
吟遊の二代目と仲が良いのだそうです。
ある意味。旅館の方がオーナーに心酔していて怖かったです(笑)

パンダ, 2007/04/01 7:51 PM

たびたびスミマセン・・・。
「しょうげつ」の漢字を間違えてました・・・。

ハマー, 2007/04/01 11:19 PM

パンダさん、こんばんは!

本館の方も露天風呂付客室とかあるんですよね〜。
しょうげつは、この秋に知多に「海のしょうげつ」をオープンするらしいので
年末に行ってこようかと思ってます!

金乃竹、僕が泊まりたいと思ってる部屋に行かれたので楽しみにしてますね!

それとオーナーが旅館に心酔ということでしょうか!?
ああいう旅館のデザインですと納得してしまう感じですねww

パンダ, 2007/04/02 6:28 PM

「金の竹」は従業員が「オーナー万歳!」なんですよ・・・。
S45年生まれとお若いオーナーで従業員も、オーナーより若い世代がほとんどという若い宿なんです。
因みに、某さ○かた社長の名を出してみたら、「あの方も見学にはきましたが、オーナーが嫌いだからって、ほとんど見せませんでした」とおっしゃってました。
「海のしょうげつ」も気になりますよね〜!
是非、情報をお待ちしております!!

我が家も9月の宿を検討中なのです。
迷いますよねぇ〜!
個人的には「仙石原」のお湯が好みでしたので、仙郷楼の西館や別邸なんかも気になり始めてます♪
ともかく6月の「あせび野」まで温泉はお休みなので(泣)
雑誌を見て検討して、行ったつもりになることにします。

ハマー, 2007/04/02 10:44 PM

パンダさん、こんばんは!
旅館の従業員の方がオーナー万歳なんですね・・・失礼致しました。
しかし従業員の方も歯に衣着せぬ物言いですねw

僕は今年GW、夏、年末くらいしか行けそうにないですね〜
ほんとはもっと行きたいのですが・・・
まぁこれくらいの頻度が丁度良いのでしょうか。
あまり行き過ぎると有り難味がなくなりそうでw

あびちゃろ, 2007/05/21 8:34 PM

ハマーさん、こんばんは。

「しょうげつ」予約しました。
我家は動物密度の高い家で、なかなか長期に家を空けることができません。GWなどは計画立てて家を空けるのですが、普段は月一程度の一泊二日の温泉行きです。

今年も愛娘が秋の霧が峰の大会(蓼科ブライトンホテルの宿泊記に書いてあります)に参加することになり、8月から長期合宿に入りますw
7月末は三余庵etc、8月末は強羅天翠の予定ですが、「鬼のいぬまに・・・」ということで8月中旬、急遽「しょうげつ」に行くことにしました。

我家はとにかく暑いのが苦手で、夏は涼しい所へ行くのが恒例でした。
「しょうげつ」は高層階で風が良く通るだろうな、ということが決め手になりました。電話の応対や、手紙の出し方もなかなかのものでした。
このブログもしっかり参考にさせていただきました。(不満足であっても恨みませんよww)

下呂温泉初めてなのです。名古屋から近く、前々からいつかは、と思っていましたが、なかなかこれぞという宿が決まりませんでした。「みやこ」もHP見るかぎり、我が感性とはどこか違うようで・・・

「しょうげつ」の部屋は「露天風呂付き、中央」ですが少し残念だったのは4階だったことです。もう少し上のほうが風がもっと良く通るのでは」と。

我家から車で2時間あれば行けますので気楽に行ってこれそうです。

ではでは。

ハマー, 2007/05/21 9:40 PM

あびちゃろさん、こんばんは!

お嬢さんが犬の訓練士さんなんですね〜!
実家で姉が黒ラブを飼っているのですが、生後すぐに訓練士さんのところで修行したお陰で
びっくりするくらい利口な犬になってます。
動物も人も幼少期の師というものは大切ですねwww

下呂温泉、初めてなんですか!これは意外ですね〜!
でも、「近いから逆になかなか足が向かない」これホントよ〜く分かりますw
僕も旅(移動)すること自体が大好きなので、近場だと後回しになっちゃうんですよね。

そして、しょうげつ、僕の中では最高に近い評価のお宿でした!
景観、料理、お湯、サービス等々総合的に穴のない旅館というイメージです。
露天風呂付きのお部屋は確か4階と5階しかなかったと思いますので
痛し痒しと言ったところでしょうが・・・
ただ行って頂けると分かるんですが、本当に下呂の外れの一番高いところにあるので
4階でも十分に高く、風通しも良いと思いますよwww

しかし、月一で旅行にコンスタントに行けるのは羨ましいです。
僕は頑張って年4〜5回ですから、月一「程度」とか言わないで下さい(;つД`)

僕はと言えばGWがあっさり終わり9月くらいに予定している夏休みにどこに行こうかと考え始めていたところなんですが、
航空会社のマイレージが今年一気に失効することが発覚し、急遽(といってもちょっと先ですがw)
どこぞ遠くに行かねばならなくなりました。
一泊二日ということもあり、空港まで送迎のある界ASO(あびちゃろさんの宿泊記で勉強させて頂きましたw)に
ほぼ決まったんですが、最後の最後で山口の長門湯本にある別邸音信の情報を
僕のブログにお越し下さったsakiさんのブログで知り、勢いでこの宿を予約してしまいましたw

そして肝心の夏休みは未だに九州と北海道で迷っています。
早くしないと予約が埋まってしまいそうですねw

あびちゃろ, 2007/05/21 10:39 PM

ハマーさん、www

愛娘って、犬なんですよwwww
大会に出るのは、犬です、犬。
御歳2歳のシェパード犬です。

写真に写っている訓練士は娘ではありませんww

それから「別邸音信」評判良いみたいですね。私も、とある方から薦められています。いつか行きたいと思っている宿ですが、アクセスがいまいちだったような記憶があります。

探訪記、楽しみにしています。

愛娘、犬、ですよwwww


ハマー, 2007/05/21 11:19 PM

wwwww
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 工
娘さん、犬の方でしたか!?
穴があったら(ry

はじめ犬のことかなぁと思ったんですが、宿泊記に
>我家の愛娘が競技会に参加していました。
って書かれてあったので、「犬は単独行動しないよな?」
とか思っちゃいましたwww

レース前から親元を離れてペア?の訓練士さんと寝食を共にするんですか!?

音信、おっしゃるとおりアクセス悪いですw
宇部空港から電車を乗り継いで2時間くらい掛かります!
でもローカル線も好きなのでのんびり行って来ます!
(1泊2日ですがw)

あびちゃろ, 2007/05/21 11:41 PM

>レース前から親元を離れてペア?の訓練士さんと寝食を共にするんですか!?

そうなんですよ。
地方の大会ですと、一ヶ月前から、全日本の霧が峰大会は二ヶ月前から訓練合宿に入ります。
いったん合宿入りしますと、飼い主は原則会うことができません。一度飼い主に会うと一週間くらいペースが狂うらしいのです。
大会でももちろん飼い主は見つからないようにしなければなりません。飼い主を見つけたとたん試合どころでなく飼い主の所へ一目散ですからwww

生後三ヶ月で我家にやってきたら、まもなく六ヶ月で訓練学校に入り、一年間寄宿生活を送ります。ここで服従訓練や臭気選別の訓練と資格を取ります。資格がそのまま霧が峰の大会の出場資格となります。

我家にいない間が長く、とても寂しいですよ。2〜3頭飼いするオーナーも多いみたいですが、それをやっちゃうと、それこそ温泉に行けなくなってしまいますから、寂しいのも我慢です。

sakiさんのブログ、もしよろしければ私にも教えていただけませんか?
音信の情報見てみたいものですm(__)m

ハマー, 2007/05/22 12:04 AM

>生後三ヶ月で我家にやってきたら、まもなく六ヶ月で訓練学校に入り、一年間寄宿生活を送ります。

すごい!!
飼い主なのに一番可愛い子犬時代を殆ど一緒に居れないなんて。・゚・(ノд`)・゚・。
人間のアスリート以上に厳しい環境なんですね〜。

それと「参加していました」のちょっとよそよそしい表現も合点がいきました!!
見つかったらダメなんですねwwww
実際にありそうな話ですねw

でも隠れて我子の頑張る姿を見てるところを想像するだけでちょっとジーンときてしまいました。

sakiさんのこちらのブログで音信を知りました
http://yaplog.jp/otomari/
僕も予約時に確認できたことをちょっとだけコメント欄に書かせて頂いております。

それとsakiさんもあびちゃろさんの様に独自に宿泊記HPをお持ちになっていてそのアドレスがこちらです。
http://www16.ocn.ne.jp/~research/index.htm
かなり充実しています!

あびちゃろ, 2007/05/22 12:12 AM

アドレス、ありがとうございました。
遅くまでお付き合いしていただいて、かさねがさね御礼申し上げます。

今夜はこれでお終いにします。
おやすみなさい。

ハマー, 2007/05/22 12:27 AM

あびちゃろさん、こちらこそ夜遅くまでありがとうございました!
思いがけず楽しい夜になりました。

あびちゃろ, 2007/08/15 9:13 PM

ハマーさん、こんばんは。

お盆はどうなされていましたか?
私は平常どおり働いていましたww

「しょうげつ」、私にとって食事が今ひとつでした。
温泉旅館の意識をまだ引きずっているな、というところでしょうか。
例えば、温泉旅館三悪(固形燃料・冷めた天麩羅・もう一つは?茶碗蒸しだったか)の固形燃料を二品に使っているし、献立も総花的というか、皆から不満の出ないようにという意識を感じてしまいました。
そのために無理な食材で調理しているのではないかと・・・・

親旅館が別に作った、三余庵や鄙の座は、団体旅館の痕跡はまったくありませんよね。まったくコンセプトの異なる個人向き旅館として存在していたと思うんです。
そこに差があったなと。

それから部屋ですけど、レポートでも書いたように「つま側」それも川側の部屋の方が良かったのではと思います。

ここの写真にありますように、テラスの角にフェンスが無いですよね。その開放感は代えがたいものだと思います。実際に見たわけでないので想像ですが、風の通りも良いのでは。
下呂の眺望も、この角度の方が良いと思います。きっと川の手前の旅館群も見えたのではないでしょうか?

ラウンジの雰囲気や部屋、眺め、接客はとても良かったのですから、料理がもう一皮剥けたら素晴らしい宿になると思いました。

ハマー, 2007/08/15 10:09 PM

あびちゃろさん、こんばんは!

僕もごく普通に働いてますw
朝から眩暈がするほどの暑さですが、電車が空いていていつもよりほんの少し得した気分になりますね〜。

しょうげつの旅行記、早速拝読しました!
料理がいまいちでしたか〜。残念orz
僕は自分が高級旅館巡りの初期だったということもあって、食事も満足だったんですがw

僕はずばり川側のつま側のお部屋に泊まりましたが、確かにこちらの方が下呂市街がパノラマに見えるかもしれませんね。
ただ、向かって左手は市の中心部から逸れて建物が殆ど建ってないのでちょっと寂しい景色になってたと思いますw

それとつま側の広縁ですが、窓から見える景色は崖が間近に迫っているので見るべきものもなく、余ったスペースを有効活用してみた、という感じだったのですが、確かに夏場は窓を開ければ風が通って良いかもしれませんねw

みく, 2007/08/15 10:33 PM

ハマーさん、こんばんは!
あびちゃろさん、おかえりなさい!

>固形燃料・冷めた天麩羅・もう一つは?茶碗蒸しだったか

う〜ん、しょうげつのお料理は残念でしたね (ノД`)・゜・。
あびさんの一番の楽しみなのに・・・
ハマーさんが行かれたのはお正月だから、お料理を比べらるの難しいですね。
写真だけ見ると、ハマーさんの時の方が美味しそうに見えます (*´▽`*)

私が行ったのは3年前で、はじめは料理長が関東人、二度目は関西人に変わっていて薄味にはなっていました。
腕をあげているかなぁ〜?と期待したのですけど。

あびさんの訪問記、見ましたよ〜!毎日楽しみにしていました!
以前は副室に椅子はなくて、おっしゃるように茶室はまったく無駄部屋でした・・・
ここリビングにして、自慢の景色が見れるように椅子セットを置いて欲しいですよね。
8階中央のベッド和洋室はそんな感じになっていましたけど、ガラスが開かないので閉鎖感もありました。

そうそう、あびさんにお薦めした川沿いの露天風呂「紅葉・若葉」
ハマーさんはぜんぜん利用しなかったんですよね。
有料の貸切風呂にしないで男女交代制の露天風呂にした方がいいんじゃないでしょうか?
確かに私が行った時も休憩所に蜘蛛の巣が張ってたりして寂しい感じがしてました。
けっこう広いお風呂だからもったいないですよね。

もし今度行くことがあったら、あびさんの言われるように4階、川側のつま部屋にしてみます、
内風呂が檜ではなくなるみたいですけど、温泉じゃないから入ることないし・・・。
これからの料理に期待したいです!

追伸:ちゃろさん、伊豆の海で宇宙人に拉致されずに無事でいるでしょうか?
いつのまにか、かぐや姫になってしまったんですよ、かわいすぎ? Σ(@д@;)

あびちゃろ, 2007/08/15 11:08 PM

>ハマーさん、またまたこんばんは。

料理の話を書いていて、あとから気がついたんだけど、
美味しい料理って二種類あるんじゃないかなって。
もちろん料理人の腕がしっかりしていることが前提なんだけど。

1)近くに美味しい食材が豊富にあること。

野菜でも、魚でも、肉でも、そしてそれをいかに上手に組み合わせるか。

2)近くに良い食材が無い時、金に糸目をつけずに名産を取り寄せる。

料理の美味しい宿はそのどちらかに入るのではないだろうか、と。
「しょうげつ」も、総花的な料理でなく、もっと飛騨料理の特徴をだすべきでは・・・


>みくさん、こんばんは。

川沿いの露天風呂、もったいないですよね。
みくさんの言われるように、もっと有効利用できると思います。

有効利用という点でも、もっともっと良くなれる宿だと思います。

ハマー, 2007/08/16 10:23 PM

>みくさん
こんばんは!
しょうげつは料理長が変わられたんですね〜。
料理に関しては要求レベルが低い(味覚音痴w)ので、だいたいいつもこんなんもんかな、と美味しく頂いてしまいますw

しょうげつは、部屋風呂も大浴場も景色が良く、湯船も広くゆったりで大満足だったので、有料でしかもちょっと離れたところにある貸切風呂には足が向きませんでしたね・・・


>あびちゃろさん
こんばんは!
なるほど!
1)は三余庵や北陸の蟹処の旅館ですね!?
2)は僕の経験上該当する旅館がないのですが・・・半水慮などが該当するのですかね?

総花的と言えば、食材王国にあるにも関わらずいまいち唸る程の料理が出てこない鄙の座もそうかもしれませんね。
鄙の座、料理以外が素晴らしすぎるので、料理がちょっと物足りない感じがして唯一の不満ですね〜。

くー, 2007/11/09 6:10 PM

ハマーさん、お久しぶりです。

プライベートから仕事と何かと忙しく少し経過してしまいましたが、海のしょうげつに行ってきました。
山を切り開いて建てられた場所なので周りはとても静かです。写真や情報がまだあまりないのも新鮮で軽い驚きがあったりで時にはいいものですね。あせび野や吟遊などを手がけている同じ石井建築事務所です。

特にラウンジから見る海一望の景観は想像していたよりもきれいで少し波の音も聞こえてきましたよ〜。
部屋は平屋とメゾでは多少居住性も変わってくるかもしれないですが部屋の露天は二人で足を伸ばしても充分な広さで露天からの目線も海で気持がよかったですよ〜

館内は旅館のイメージというよりホテルに近い感で洋に和も取り入れた今のはやりの造りですが華美ではなくすっきりと纏められた印象をうけます。食事処は個室ですが出入り口がオープンになっているため話声も聞こえてくる時もあります。各個室からデッキに出られるようになっていて喫煙も前のデッキですぐ出来るようになっているのでたばこを吸われる方は楽かもしれないですね。雨だと?

夕日がとてもきれいでその時間に合わせて入った露天は最高です^^♪
こればかりは天気に左右されますが西日が強く日のあたっているデッキは暑いぐらいでしたよ。

下呂のしょうげつからもスタッフの方がみえているようで応対してくれた方はみなさん感じがよかったです
施設や景観、応対もよかったのですが食事は私的には印象に残るものがなかったです。そうそう、一品出しになってましたよ〜。メニューも月に2回変わるそうなので好みの味に当ればいいですけど・・。

5人ぐらい入れる男女別の風呂はいつ覗いても貸切状態なので貸切にしても良いと思います。タオルも常備されています。部屋のアメニティは最低限度で化粧品等は大浴場のみです

館内着のチャイナ風のサムイやパジャマとバスロープと揃っているところはまずまずです。
細かいところで思うこともありましたが食事以外は満足できたのでまた訪れてみたい宿です。

アルカナの食事は美味しかったですよ。平日のオフ期の料金ならコスパ
も悪くないですがそれ以上だと高く感じてしまうかもしれませんね。

これから年末にかけて忙しくなりそうであまりおじゃまは出来ないかもしれないですがハマーさんも体に気を付けて下さいね〜。
あと、あびちゃろさんから情報いただいた半水慮に行く予定です。いっしょに行く体調のこともあり平屋の露天風呂付きで予約いれましたので時間があれば寄らせていただきますね〜。




あびちゃろ, 2007/11/10 12:51 PM

>ハマーさん、こんにちは。

お仕事お忙しいようですね。
お身体をこわしませんように。

私も今から「海のしょうげつ」へ行ってきます。
親孝行のため急遽行くことになりました。
帰ってきたら訪問記upします。


>くーさん、こんにちは。

先を越されましたねww

お天気が気がかりだったのですが、天気予報では回復傾向で、うまくいけば評判の夕日を拝めるのではと少しばかり期待しています。
でも、今は雨が降っています・・・

ところで、本日発売の雑誌「駱駝」、特集の【特別注文の叶う料理店】で八泉が取り上げられていました。
暇な時に本屋さんで立ち読みしておいてください。

では行ってきます。

ハマー, 2007/11/10 8:50 PM

>くーさん
ご無沙汰してます!
海のしょうげつ、行かれたんですね〜。
早速貴重なレポ本当に有り難うございます!!!
部屋のお風呂が大きくて眺望もいいというのはとてもいい情報を貰いました。
どちらのお部屋に泊まられたのでしょう?
結構部屋毎に見え方が変わってくるような感じですが。

御飯は一品出しになったというのも朗報です。
せっかく良い場所なので旬には河豚など食べられればいいですね〜。

来年是非行ってみたくなりました!


>あびちゃろさん
こんばんは!
仕事忙しい上にに年末から海外出張が入りそうで、予定していた那須の温泉旅行がおじゃんになりそうで泣きそうです・・・

で・・・あびちゃろさんも海しょうげつ、行かれるんですね!
しかも今からってwww
すごいタイミングですね!

天気予報を見ると愛知県は生憎今晩から下り坂になっていますが、良い景色が見られるといいですね!
レポ楽しみにしています!

くー, 2007/11/16 10:41 PM

ハマーさん、こんばんは。

部屋の詳細ですがハマーさんはメゾ希望でしたか?
メゾなら「海のニ」の奥の角部屋の露天風呂が海と内海の町並みの二方向が眺められ一番開放感のある風呂です。
平屋なら風と空の棟がほとんど景観も変わらなく後は部屋の好みでしょうか。
印象には残ってはいないですが河豚も出ましたよ。食事がよくなれば料金に見合ってくると思います。

>あびさん、こんばんは。

今日やっと駱駝を立ち読み出来ました(笑)精進料理も出しているのですね〜。
ありがとうございます。参考になりました。

しょうげつは天気が少し残念でしたね。しらすの佃煮が美味しかったですね。

ハマー, 2007/11/17 11:54 PM

くーさん、こんばんは!
部屋の情報有り難うございます!
平屋希望なのですが、メゾネットの角部屋・露天風呂も良さそうですね〜。
来年の訪問を検討してみます!

あびちゃろ, 2007/11/18 3:22 PM

>ハマーさん、こんにちは。

部屋ですが、メゾネットの「海の二」、私の訪問記の拡大写真の一番左端に写っている部屋でしょうね。
これならきっと眺めは良いでしょう。
平屋では「風の一」に相方の両親が泊まったのですが、私どもの泊まった「空の三」(隣り合わせ)と比べて、景観はほとんど同じですが、露天風呂の大きさが、「空の三」の方が少し大きかったと思います。

それから、「下呂のしょうげつ」に宿泊した客は、一回限り10%offとのことですから、名古屋で言うところの「お値打ち」だと思いますよ。

食事も不味いというわけでなく、コスト考えているな・・・という料理です。
43Kは少し高いかなと思いましたが、40K切ればコスパ良しだと思います。


>くーさん、こんにちは。

しらすの佃煮、あっというまに一箱食べてしまいましたww
二箱目は大事に食べます。

ハマー, 2007/11/18 8:45 PM

あびちゃろさん、こんばんは!
やはり海の棟の角部屋がオススメなのですね。
海の棟はhpを見ると一番低い位置になっているのでどうなのかなと思ってましたが、
あびちゃろさんのレポの写真を拝見すると、
それでもすごい高台にあるのであまり差はなさそうですね。
参考になりました、ありがとうございます!

下呂のしょうげつから来た案内の葉書捨ててしまったのですが
10%引きで泊まれたら嬉しいですね〜w

くー, 2007/11/18 9:40 PM

ハマーさん、こんばんは。

「海のニ」の部屋で書き忘れがありましたので(笑)一休で載っている部屋の写真の5枚のすべてが「海のニ」の部屋です。この部屋の風呂は四角の露天風呂でデッキも広めです。
トイレは上下にありました。

平屋希望でしたら、
あびさんが泊まられたリビングとべットルームの「風の三」か「空の三」あと駐車場に一番近くの奥の「空の一」この部屋は和洋室でデッキ部分が広くデッキの横にはディべットが置かれていて気候の良い時ならいいかもしれないです。

「海のニ」と「空の一」は高いタイプの部屋で風呂からの景観は「海のニ」が一番開けています。

ハマーさんが泊まられる時はきれいな夕日が拝められるといいですね。








あびちゃろ, 2007/11/18 9:53 PM

ハマーさん、こんばんは。

>下呂のしょうげつから来た案内の葉書捨ててしまったのですが10%引きで泊まれたら嬉しいですね〜w


私もすっかり忘れていまして、精算時「10%offにいたします」と言われて「なぜに?」と聞いたら、「下呂にお泊りだったからです」ということでした。

予約時「下呂に泊まったことあるか?」と聞かれ、名前と電話番号告げたら、「確認できました」というやりとりがありました。

葉書なくても大丈夫です。
「期限あるか?」と聞いたら、「期限無しだ。しかし一回限り」との答えでした。
ただ、期限については確かめた方が良いと思います。

10%offなら、お薦めですよ。

ハマー, 2007/11/18 10:00 PM

くーさん、こんばんは!
一休の写真、海の二の写真なんですね〜!
リビング、デッキからの景色が素晴らしい!
是非晴れた日に訪問したい・・・。
メゾネットはちょっと敬遠してたのですが、この部屋に泊まってみたくなりました!

ハマー, 2007/11/18 10:11 PM

あびちゃろさん、こんばんは!
詳細な説明有り難うございますw
精算時にあびちゃろさんが「なぜに?」と聞いたシーンを
想像して失礼ながらなぜか笑ってしまいましたwww

でも葉書がなくても自主的にチェックしてしっかりと割引する点は素晴らしいサービスですね。
グループ全体でサービスを向上しようとしている感じが伝わってきます。
ますます行きたくなりました。
貴重な情報有り難うございます。

あびちゃろさん、くーさん始め色々な方に貴重な情報をたくさん教えて貰うたびに
ブログやっていて本当に良かったなぁとしみじみ思う秋の夜長です( ;∀;) イイハナシダナー

くー, 2007/11/18 10:21 PM

ハマーさん、またこんばんは!です。たびたびおじゃまします。

一番初めの写真はロビーですので・・最後の写真が部屋のリビングです。メゾは少々疲れますよね。

10%引きは自動でなっていました。
持っていった割引券は又使って下さ
いということで来年の9月末まで有効
になっています。

ハマー, 2007/11/18 10:36 PM

くーさん、またまたこんばんは!

一番上の写真、ロビーですかw
早とちりしてしまいました(ノ∀`)アチャー
それでも一番下の写真のリビングでも眺望は素晴らしいですねw

ご指摘ありがとうございました〜!

ミー, 2008/02/07 4:38 PM

ハマーさんこんにちわ☆

ハマーさんのブログを見つけてから、はまってます。
参考にさせてもらっていて、
今度、下呂のしょうげつさんに泊まりに行こうと、検討中です。
そこで、どこのお部屋が一番良いか教えて頂きたいのですが、、具体的に。
実は、彼女が誕生日でして、露天風呂付の部屋にしようと思っていますが、何回のどこがいいのかよくわかりません。。
よろしかったら、お願いします。
 

ハマー, 2008/02/07 10:31 PM

ミーさん、はじめまして!
最近とんと更新が止まっている過疎ブログに態々お越し頂き恐縮ですw

しょうげつ、露天風呂の付いている部屋は4階と5階の3部屋ずつ合計6部屋だけだと思います。
それぞれ、中央の部屋1部屋とサイドの部屋が2部屋という構成です。

旅館の正面が下呂の市街で、部屋から飛騨川と下呂の街並みを一望できるのですが、
5階のサイドの場合、どうやら露天風呂自体が正面になく部屋の露天風呂からの眺望があまりよくないようです。
中央の部屋と4階のサイドの部屋は正面にテラスと露天風呂があり、素晴らしい眺望を堪能しながら部屋風呂にじっくり浸かることができますよ。
5階のサイドの部屋は露天風呂からの眺望が良くないかわりに、部屋からワイドビューのガラス越しに下呂市街の景色を堪能することができます。

どちらがいいかは好みにもよりますが、やはり露天風呂付きの部屋に泊まるなら、露天風呂からの景色が良い方が感動できると思うので、お勧めは4階の中央かサイドのお部屋ですね!
ちなみにサイドでしたら2403ではなく2401の方が市街側の角になるので2401をお勧めします!

ミー, 2008/02/08 12:48 PM

ハマーさんすごい!!
ありがとうございます☆
本当にホントに。。
やっぱり、せっかくの良いお宿なので、ハマーさんに聞いてよかったです、
2401のお部屋、空きがあればさのお部屋で予約入れたいと思います。
ありがとうございます☆

ハマー, 2008/02/09 8:17 PM

ミーさん、お役に立てたのなら幸いです。
但し、僕の主観が入りまくってるので予約の際は宿の方にも色々確認すると尚良いかと思います!
それと、しょうげつですが、僕がリンクさせて頂いているフィガロさん、あびちゃろさんも詳細なレポを書かれているので是非ご参考になさって下さい。










trackback
url:http://kokyuryokan.jugem.jp/trackback/14
癒しの湯煙〜温泉の選び方〜, 2006/06/29 12:18 AM

全てがワンランク上の上質の温泉宿。 下呂温泉街を一望できるように 客室はガラス張...