smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode
<< 長門湯本温泉 別邸 音信 訪問 [中国] | main | 【番外編】 湯布院温泉 山のホテル夢想園 訪問 [九州] >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

瀬の本高原 界ASO 訪問 [九州]

2007年夏の九州温泉旅行、一泊目は阿蘇山のそば、熊本県と大分県に跨る瀬の本高原にある『界ASO』に宿泊しました。



熊本空港からレンタカーで阿蘇山の裾を西の方から北の方に抜けたところに界ASOはあります。道が空いていれば1時間もあれば着く距離です。
途中からやまなみハイウェイとなりますが、阿蘇の雄大な地形を体感できる楽しいドライブコースです。
近くに大観峰もあるので立ち寄るのもいいかもしれません。
朝の便で熊本に着き、2時のチェックアウトまでちょっと時間がありますので丁度良い旅行コースになりますw

やまなみハイウェイを北上し、国道442号・久住高原ロードパークを越えてすぐのところに界ASOはあります。

道路傍の看板です。


界ASOは急斜面を切り開いて建てられており、入り口から急坂を下っていきます。
本館手前に車止めがあり、ここで車を止めますが、従業員の方がスタンバってますのでそのまま本館に案内してもらいます。

本館はこんな感じです。

(この写真は玄関とは逆、離れの方から撮った写真です。)

中に入ると、すぐ左手がフロント、正面がラウンジ、その先はテラスとなっています。
本館が一番高い場所にあり、このテラスからは天気が良ければ阿蘇山系を見渡すことができます。
ラウンジの右側が食事処になっています。夕食・朝食共にここで頂くことになります。

ラウンジからテラスを撮った写真です。


夜のラウンジです。


本館は天井が高く、片面全面がガラス張りになっているのでとても開放感があります。
それと去年オープンしたばかりということでやはり清潔感もありすっきりした印象でした。
ただ、雑誌や宿のHP、皆さんのブログ等で予習がばっちりだったこともあり、あまり驚きはなく、逆に想像よりちょっと狭いかな、とか思ったりしてしまいましたw

ラウンジでお茶菓子を頂いてから部屋に案内して貰います。
お菓子はかるかんだったんでしょうか?ふわふわした皮で美味しかったです。


繰り返しになりますが界ASOは急斜面に建てられており、一番高い所に本館があり、その下に離れが並んでいます。

敷地案内図です。


僕が今回宿泊したのは24号の離れです。
そう一番下にあるのですw

景色が一番良いところとお願いしてここになったのですが、敷地の周りはすべて森になっており、本館からは阿蘇山が望めるのですが、離れからはどの場所も高さが足らず部屋からの景色は森となってしまいます。
そうなると眼下に別の離れがあって囲いなどが必要となる他の部屋と違い、一番下の離れは自然な形で森を見ることができるというわけです。

ただ一番下の部屋なので食事を取る本館からの距離は結構あり、しかも急坂ですから登り降りは結構キツかったですね。
チェックイン時のみカートに乗せてもらえましたが、その他はチェックアウト時も自力での登り降りでしたorz
同じく急斜面に建てられていた風の森は毎回カートで迎えに来てくれたんですけどね( ´ー`)フゥー...

さてさて部屋の説明です。
界ASOはすべて独立した離れタイプの部屋で2名定員のAタイプと4名定員のBタイプの二種類のみです。
AとBも部屋の広さが違う以外は殆ど変わりのない造りになっているようです。

部屋の外観です。

こうして見るとスッキリしすぎていて情緒もへったくれもありませんねw
それとどの離れの玄関手前にもベンチが置いてありましたが、使用意図が不明でしたw

玄関を入るとすぐフローリングのリビングルームとなっています。


玄関と逆、テラス側から見るとこんな感じです。


本館同様、離れも天井が高く開放感はばっちりでした。

部屋からの眺めはこんな感じです。

部屋から露天風呂に繋がるテラスに出ることもでき、椅子も置いてあります。
ただ、夏場で虫がわんさかいるので殆ど使いませんでしたw

それと、部屋の冷蔵庫の中はフリードリンクになっています。

結構な種類、量ですが、飲み切ってしまうと無料で補充もしてくれるようです。
多少料金が高くなってもこういうサービスの方が有り難いと感じます。
コーラー600円とか見るとそれだけでなんか萎えてしまいますよねw

今回の旅はノートパソコンを持っていきませんでしたが、テレビボードにはLANを接続できるようになっており、ノートパソコンがあれば手軽にネットも見れますよ。


そして、リビングルームの脇が一段高くなっており、ベッドスペースになっています。


ベッドスペースの横がクローゼットとなっており、作務衣風のパジャマと浴衣が入ってます。


パジャマが別にあるのはいいですよね。


リビングの奥に洗面ブースがありますが、ジャグジー付きのバスルームと一体となった面白い造りになっていました。

洗面スペースです。広々としたダブルシンクでした。


洗面スペースの後ろにバスタブがあります。

露天風呂が素晴らしかったので、結局内風呂は使わずじまいでした。
バスタブの横、テラスへの出入り口の手前にシャワーブースもあります。


アメニティ類はこんな感じです。

シャンプー等はすべて添加物を一切使ってないものだそうです。

そして部屋露天です。

がっしりとした岩風呂ですが、広めでゆったりと入れました。
お湯は源泉掛け流しで若干濁ったお湯でした。
温度はやや熱めでしたが、フロントに頼めば温度調整もすぐしてくれます。
夜は傍にある台で篝火が点き幻想的な雰囲気になります。但し、夏場は虫が寄ってきますがw

部屋全体の広さはAタイプで63屬△蝓二人では十分の広さです。シンプルな造りで天井も高くとてもリラックスできました。

次にパブリックスペースの説明に行きたいところなのですが、界ASOは先程説明した本館以外にパブリックスペースと呼べるところが全くありませんでしたw
大浴場もなく、離れ型ということもあり、完全にお篭り系の宿ですね。
ただ本館の一階がSPAとなっており、エステなどが出来るようになっています。


次に食事の説明です。
本館のラウンジの横が食事処となっています。
時間は6時を指定しました。
テーブル席、カウンター席、座敷風の個室スペースと3タイプに分かれており、どこでも好きなところで食事が出来ます。
テーブル席が窓際で景色もよく、僕達もこちらで食事を頂きました。

テーブル席の様子です。


夕食の献立はこんな感じでした。

メインの焼き物、鍋は2タイプからその場で選べました。
肉派の我々は当然の様に壱岐牛の炭火焼と天然鯛の味噌鍋をチョイスしましたw

食事の写真です。











少食の僕達ですが、献立を見る限りちょっと足りないかなという感じでいたのですが、
味噌鍋にたっぷり入った鯛の身を食べているうちに急速に満腹になり、味噌鍋のスープで作った雑炊を茶碗3杯分食べたところで倒れそうになりましたw
献立に載ってないホウレン草のお浸しが予想外に出されたのも誤算でしたw
締めのデザートは宮崎マンゴーでした。

美味しくないものはなかったのですが、感動する程美味しいものも特になく、料金に見合ったお料理かな、という印象です。

食後、離れに戻る際、お夜食を頂きました。

稲荷寿司でしたが、雑炊でノックアウトされた僕は食べずに就寝。相方曰く、( ゚Д゚)ウマーだったそうです・・・

朝食です。

朝食も献立が用意されてました。初めての経験だと思いますが、ちょっと嬉しくなるサービスでした。





食前の一杯はトマトジュースを選びました。トマト本来の甘みが十分出ているのですがすっきりとした喉越しで( ゚Д゚)ウマーでした。
その他は夕食同様、可も不可もなくと言ったところでしょうか。
それと朝から筑前煮は少々重かったですねw

チェックアウトが12時なので、朝食後も十分に時間があり、部屋風呂を存分に堪能できました。

最後に総括です。
去年の秋に出来たばかりの温泉宿で、現在の人気温泉宿のキーワードである「和モダン」「離れ」を上手く体現している宿だと感じました。
ただ、雑誌への露出度が高く、HPの造り込みも素晴らしいのが逆に作用しており、実際行って見て感じる新鮮味、感動というのが薄かったように思います。
離れもデザイン性を持たせつつシンプル且つ開放的で機能的でもあるのですが、本館と同様若干パンチが足りない(?w)気もしました。
食事も然りです。
(過度な期待をしすぎていたのかもしれませんねwww)

サービスは離れと本館の移動が自力という以外は従業員の方皆さん懇切丁寧でとても気持ちよく過ごせました。
今回は湯布院との連泊だったのでレンタカーを利用しましたが、熊本空港からの無料送迎サービスもあり、距離を考えるとこれも素晴らしいサービスだと思います。
IN/OUTも14:00から12:00と考えうる最長の時間となっており、サービス面は概ね素晴らしいものでした。

立地・料金を考えるとコスパに優れているとは言えないのですが、平日料金だったこともあり損をした気分には全くなりませんでした。

再訪したいかと言うと、これまた微妙なんですが(w)、次に行くならやはり紅葉か雪が見れる季節が良いと思います。
敷地内のモミジは既に一部ですが色付いていました。
雪も毎年ある程度は積もるそうです。


宿泊データ

Aタイプ ¥47,400/人(2人、平日、サービス料・税込み)
 ※週末は+¥5,250/人、年末年始等ハイシーズンは+¥10,500/人
チェックイン:14:00〜
チェックアウト:〜12:00
部屋数:12部屋 (定員2名のAタイプと定員4名のBタイプ)
その他:食事は朝・夕ともに本館、大浴場なし

一休.comの予約ページへ

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 18:18, ハマー, 九州

comments(12), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 18:18, スポンサードリンク, -

-, -

comment
ちゃろちゃん, 2007/09/12 12:44 AM

ハマーさん、乙ですわ。
界ASOはしばらくというかまだ全然行く予定がないので、ハマーレポで脳内旅行させて頂きますわ。
本当にここ、最近露出度高いですよね。
あんまり露出されると実際に行ってみて嬉しいんだけど、ちょっと新鮮味に欠けちゃうっておっさるのわかります。
ハマーさんのお写真でしかわからないけれど、食事がちょっとアテクシにはネックかなという気がしないでもありません。
少しアテクシも期待しちゃってたんで余計そうかもしれないけれど…。
〆の雑炊でお腹イパーイではちょっと我慢出来ないかもw
食事の原価抑えて冷蔵庫がインクルとかなのかすら?w
でも、朝のトマジューめちゃくちゃ気になります!w
トマジューヲタとしては是非とも飲んでみたい!
嗚呼(*´Д`)l \ァ l \ァ
トマトジュースが美味いと幸せになれます。
ちゃろちゃんねるもこれから「きらの里」「うさぎ」と続きます。
引き続き笑ってください。
アテクシも暫くハマーさん宅にいりびたる予定ですのでよろしこm9(・∀・)ビシッ!!

あびちゃろ, 2007/09/12 5:41 PM

ハマーさん、こんばんは。

九州シリーズ始まりましたね。
界ASOの一番下の離れ、ここから本館までの行き来は私も大変だなと思いました。下りはともかく上りは・・・ これを宿泊客にさせるのはどうかと思います。せめて上りはカートのお迎えをすべきでしょう。雨の日ならなおさらです。これだけで宿の印象は悪くなるかもしれません。

食事に関して言えば、九州は北海道と同様に食材の宝庫なので調理する文化は発達しないのでしょう。東京や京都・大阪からも離れていますし・・・  
美味しい素材を生かして食べさせてくれれば、それなりには満足するのですが。
京都嵐山の超有名料亭から料理人が大挙移った雲仙半水盧は別格な存在ですが、湯布院御三家も郷土料理ですね。なかでも一番独特な無量塔の感想が楽しみです。

フィガロ, 2007/09/12 8:36 PM

ハマ−さん、こんばんは!
いつの間にASOへ行かれていたの
ですね!私は本館と1番近い11
号室のお部屋だったので、ハマ−
さんと正反対ですね。カ−トに
乗りたかったです。近いお部屋は
カ−ト送迎無し!なんです。。
私はハイシ−ズン料金だったので
ちょっと高めだな〜と思っていたの
ですが、あの露天の気持ちよさと
適温にノックアウトしましたw
時々、格安プラン(?)の葉書が
ちょこちょこ来るので、無料送迎と
組み合わせて使うといいかもと
思いつきました。
あ〜九州に行きたくなりましたw
お疲れさまでした!

ハマー, 2007/09/12 10:47 PM

>ちゃろさん
こんばんは〜。早速のコメ有り難うございます。
とりあえず気合で一つ書いたんですが、第二弾は週末まで待ってください・・・
ちゃろさんのブログはちゃんと見てますよー!
うさぎのレポが一番楽しみですw

界ASOの食事ですが、もともと食事はあまり気にしないほうなんですが、エシャロットがめちゃめちゃ苦手なので八寸でいきなり出てきて泣きそうになりましたw

トマトジュースはちょっと調べたところ、界ASOのブログに書いてありました。近くのJAで生産されているようです (´∀`)9
http://www.kairesort.jp/aso/blog/2007/05/post_87.html


>あびちゃろさん
こんばんは!
ストリングスホテル泊まられたんですね!
あそこは僕もかなり高評価なのですが、丁度建設中のUR(だったような)の高層マンションのせいでレインボーブリッジが綺麗に見えなくなっちゃったんですよね(;つД`)

ストリングスベアも男の僕ですが毎回楽しみにしてますw
コンラッドのベアよりもはるかに手が込んでますよね。

インターコンチになってちょっと不安ですが、サービスも素晴らしいので是非このままのレベルを維持してもらいたいもんです。

界ASO、いい運動にはなるんですけどねw
あと途中に蛙がいたり、星空を眺めたりw
雨も降ったり止んだりで、夕食後は小雨が降っていたんですが、笑顔で立派な傘を渡され徒歩で帰りましたwww

24号の敷地のすぐ横がカートの折り返し地点で露天に入っていると結構頻繁にカートが往来しているんですが、掃除道具を運んだりしているようで、もともと従業員の業務用に導入したということかもしれませんね。

食事は確かに素材勝負に力点が置かれている感じはしますね。
九州で趣向を凝らしていると感じたのはふたり静くらいでしょうか。

無量塔は、夕食かなり良かったのですが、朝食が普通すぎてちょっとがっかりでした。味噌汁はあさりが入っていたのですが、なぜか味が全くせず出汁の入れ忘れ!?と思ったほどでした。そんなミスをするはずはないんですが・・・


>フィガロさん
こんばんは!
ちょうどこの週末に引っ掛けてこっそり行って参りましたw

カート、スタッフの説明では、テラスから離れに降りる階段がペンキの塗り替えで利用できないので、(特別に)チェックイン時だけカートで送ります、ということでしたw

風の森のカートよりも一回り程大きいがっしりした乗り心地でしたよ。

ハイシーズンだと確かにだいぶ高いですよね・・・
両方行った身としては、年末年始以外の週末は平日と同料金の無量塔と週末料金の界ASOなら前者を選びますねw

今回の旅行が終わって年末まで予定がないので気が抜けた感じです。フィガロさんのアルカナのレポ、楽しみにしています!

スキップ, 2007/09/13 1:02 AM

ハマーさま
こんばんは。
界ASOいらっしゃったんですね。
ハマーさんのレポときれいな写真で、「あぁ、そうだった、そうだった」と懐かしく思い出しました。
やっぱり森は緑の季節の方がいいなぁと思いますが、虫の問題がね〜。

「無量塔」のレポも楽しみにしています。「汲」のお部屋、泊まりたかったんです。

拙ブログのコメントにも書いたのですが、6月に「鄙の座」に行ってきました。まだレポアップしていないのですが(いつやねん!)、ハマーさんのお気に入りだけあってほんとにステキなお宿でした。

ハマー, 2007/09/13 9:55 PM

スキップさん、こんばんは!

僕はスキップさんの写真を見て冬の方がいいな〜と思ったんですが、やはり嗜好は人それぞれですねw

無量塔も土?から部屋風呂までの距離がありそうということで暁ではなく汲にしたんですが、やはり夏だったので虫が来ました。それに、なんと小さいですが蛇までw
頑張って三連休中にレポ書こうと思ってます。

スキップさんの鄙の座のレポも楽しみにしていますね!
なんだかんだでもう1年半も行ってませんが、未だに僕の中でのNO.1の宿です!

さくら, 2007/09/13 11:01 PM

ハマーさん、こんにちは。
さくらです。
九州から帰ってきました。
どうやら入れ違いだったみたいですね^^

さくらも界ASOは本館まで行きました(笑)
で、無量塔にもお世話になったんですよ!
きっとハマーさんの方が先に記事をUPしてくださると思いますので(笑)、楽しみにしています♪

ハマー, 2007/09/13 11:32 PM

さくらさん、こんばんは!

おお!!本当にニアミスですねwww
無量塔はどの部屋に泊まられたんでしょうか!?

そして界ASOは本館までとは!?
一応ラウンジでお酒とか飲めるようでしたが、宿泊者以外も利用できたんでしたっけ?

さくら, 2007/09/14 11:59 AM

ハマーさん、こんにちは。

無量塔は「明治」です。
希望したわけじゃなくて、当日までお部屋がわからなかったんですけどね^^;;;

で、界ASOはフィガロさんから教えてもらっていたヨーグルトが黒川で探せなくて、現地まで聞きに行ったんです(笑)通り道だったし、どんな感じか興味本位もありましてww

ハルスウィート, 2007/09/14 12:41 PM

素敵素敵〜☆
ハマーさんのレポで行けそうに無いASOを満喫しました!
お部屋の感じとか、洗面台とかダイニングとかも和モダンって感じですよね。
生粋の和より和モダンのほうが好きなので私はうっとり^-^
でも、広い敷地とかは嬉しくてものぼりを徒歩は厳しいですよね〜
もしかして、美味しくゴハンを食べられるようにわざとですかね??

lapin, 2007/09/14 4:12 PM

ハマーさん、こんにちは。
界ASO行かれたんですね。
レポ大変参考になりました。
私は直前にキャンセルしたので、まだ行けてないのです。
無量塔のレポも楽しみにしてますね。

ハマー, 2007/09/14 10:46 PM

>さくらさん
明治!
定員8名、専有面積165屬里部屋ですね。広い!
また御親族で行かれたですかね!?
レポ楽しみです。

界ASOはなるほど!w
僕ならびびって諦めて帰りそうですね・・・


>ハルスウィートさん
こんばんは〜!
部屋はシンプルですが、とても良い感じでしたよ!

確かに夕食前に坂道登るのはいい運動になりましたw
帰りも星空が綺麗でしたよ。
ただ、小路に結構明るい照明が短い間隔で並んでいるため、折角の星空が見辛かったです。これはちょっともったいないな、と思いました。

翌日泊まった無量塔の汲というお部屋は界ASOよりもさらに先鋭的な(?)和モダンでしたよw
レポ近々書きますのでまた来て下さいね〜。


>lapinさん
こんばんは〜。
直前のキャンセルですか・・・
それは悲しいですね・・・
実は僕も台風のせいで危うく飛行機が欠航するところで、運が悪ければ当日キャンセルとなるところでしたw










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。