smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode
<< 湯布院温泉 湯富里の宿 一壺天 訪問 [九州] | main | 萩温泉 常茂恵 訪問 【中国】 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

有福温泉 旅館 樋口 訪問 【中国】

JUGEMテーマ:旅行
 前回のエントリーから気が付けば早一年。諸事情によりなかなかレポートが書けませんでしたが、久しぶりにレポートしたいと思います。

久々のレポートは山陰は島根にある有福温泉の旅館 樋口です。

出雲空港から出雲神社等に寄ったりしながら国道9号を西に進み、江津からちょっと内陸に入ったところに有福温泉はありました。
温泉街を入った瞬間、寂れた感じのオーラが充満していて、観光客もゼロ、
(ノ∀`)アチャーやっちゃったかw
と思いつつ、旅館を探すと、旅館樋口だけは温泉街とは一線を画す感じで坂上にありました。

車を着けるとすぐに従業員さんが出てきて車を預かってくれました。フロントに入ると正面でチェックイン。

フロントのサイドにパブリックスペースがちょっとだけありました。





宿帳に記入するとすぐに部屋に案内してもらいます。

この宿は非常に細長い作りになっていて、館内案内図で見るとこんな感じです。


長い廊下の途中には、地元の瓦や地酒の展示スペースがあったり。


階段を登りつつ延々と奥に進んで行きます。


今回宿泊したのは、新館2階の奥の方にあるリニューアルされた「恵比須」。

入って正面がリビングです。琉球畳が敷かれており、8畳くらいのスペースでしょうか。
夕食も朝食もここで頂きます。


正面がテラスになっていました。


リビングのサイドから寝室に入るのですが、寝室の手前にプロジェクターが備え付けられていました。
館内に2箇所ライブラリがあり、そこにあるDVDを持ち出して見ることが出来るのですが、結局リビングのテレビでずっとオリンピックを見ていて全く活用しませんでしたw




寝室です。バスローブが置いてありました。
枕は少々硬めですが、枕は硬い方が好きな僕は爆睡できました!
旅館でこれだけ熟睡できたのは初めてかもしれません。


その奥が部屋付きの露天となっています。リビングのテラスと繋がっています。
シャワーも付いているのですがバスアメニティが殆どなく、体を洗うのは大浴場の方が良いでしょう。


寝室からの外の眺めです。町の向こうの丘の緑が綺麗でした。


部屋露天は残念ながら、掛け流しではありませんでした。ただ、給水スピードがめちゃめちゃ速く10分弱で入浴できますw
湯船は大きくもないですが、狭くもない感じ。一人でゆったり入れる感じです。


テラスからの眺め。民家、旅館が立ち並んでいます。


部屋の説明に戻りますと、実はプロジェクターのスクリーンの奥にもう一つ小部屋がありますが、なんだか良く分からないスペースでした。


さて、洗面スペースですが、、、これがなんとトイレスペースにあり、しかもトイレの手洗いに毛の生えたような狭さでした。
トイレは部屋の玄関のすぐサイドにあるので、部屋露天からは一番遠いスペースにあり、これは導線的にも非常に不味いと思いました。
狭さに関しては、トイレの奥が例の意味不明な小部屋なので、壁ぶち抜いて洗面スペース確保すればいいのにwwwと思いました(ノ∀`)


アメニティも少々貧弱でしょうか。まぁ置くスペースがそもそもないのか・・・。


浴衣は寝る際に着るものと2つずつありました。女性は色浴衣をチェックイン時に選べます。



大浴場ですが、写真を撮れる機会に恵まれませんでした・・・。内湯が1つあるだけで、露天はありません。ちょっと狭い感じでした。夜は12:00まで、朝は6:00からの使用となります。

さて、食事です。
夕食、朝食共に部屋出しです。時間は選べますが、先着順ということでちょっとチェックインが遅れたこともありほぼ自動的に7時からに。

お品書きです。



宿泊予約時にメイン料理を刺身とするか、ステーキにするか聞かれるのですが、一つずつでも大丈夫ということで、そのようにお願いしました。
そのメインの刺身が下の大皿です。ステーキメインの場合は上の丸皿の刺身になります。
ってか、いきなりメインが来てびっくりw



メインの刺身と共に前菜、鍋物がいっきにどちゃどちゃと。




吸物。冷めてました。


メインのステーキです。ちょっと味付けが濃すぎた感じです。あとこれも結構冷めてました。


ステーキに付くサラダです。







サービスで出てきた牛筋です。




デザートの写真がないですが、確かご飯と一緒に来た記憶がw
部屋出しの欠点でもあるのでしょうが、纏めて数皿ずつ出されるのと結構冷めているのが多かったのが残念。刺身もあまり鮮度が高くなかったような。

夜食におにぎりとチーズケーキ、それとコーヒーが。コーヒーは豆から挽いて飲みます。
チーズケーキがこの宿で一番( ゚Д゚)ウマーでしたw


朝食も時間を選ぶのですが、8:30にしてもらいました。




他の旅館と比べると少々量が少ない感じですが、少食の僕達には丁度良い量でした。
チェックアウトまで部屋風呂に入ったり、布団が気持ちいいのでゴロゴロして宿を後にしました。

総括です。
2年前にリニューアルされていて概観も館内も部屋の中も大変綺麗でした。
有福温泉自体がいかにも昔からある寂れた温泉街なので異彩を放っていましたねw
部屋に関しては綺麗で設備も充実しているのですが、水周り等の基本的な部分で減点が多かったです。
食事も、基本的なところからもうちょっと頑張れるところが多い様に感じました。
従業員の方は若い方ばかりでしたが、特に気になることもなく問題ないレベルだったと思います。
部屋毎に全く違う造りになっており、もともと「岩戸」の部屋に泊まりたかったこともあり、また山陰に行くことがあれば立ち寄りたいと思います。
島根ではこういうタイプの宿はここだけではないでしょうか。

食事やハード面で不満があるものの、この値段では良く頑張ってる方だと思いました。


宿泊データ

部屋:恵比須 ¥32,150/人(休前日、2人、サービス料・税込み)
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜11:00
部屋数:18部屋 
その他:平成18年に全面リニューアル

じゃらんnetの予約ページへ

ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 11:16, ハマー, 中四国

comments(6), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 11:16, スポンサードリンク, -

-, -

comment
ちゃろちゃん, 2008/08/31 5:14 PM

ハマーさん、こちらでもこんぬつは('A`)
ちゃろちゃんねるでコメありがとうございました。

それはそうと再開オメでございます。
ほんと久々ですよね〜w
お仕事お忙しそうだからボチボチと更新していってくださいね。
(お仕事もだけど、温泉行ってそこそこ遊んでくださいねw参考にしますのでw)

写真を拝見してなかなか面白く改装してありますね。
でもベタベタな部分も残ってそうな雰囲気もw
食事の一気出しもきついけど、何品かまとめてもキツイですね。
美味しいモノでも美味しくなくなっちゃうものね。
ここが直ったら良さそうなのにな〜。
にしても夜食…肥えそうですね、このコンボw
でも気持ちが嬉しいですね。
ハマーさんが再開したのを機にまた立ち寄らせて頂きますので、ドゾよろしく。

ハマー, 2008/08/31 10:36 PM

ちゃろさん、こんばんは!
一年ぶりの更新なのに当日にお越し頂きましてホントにありがとうございますw

ボチボチ更新したいんですけど、ストックがもうあと一つしかないですw

今年の冬は今のところ何軒か温泉廻れる予定なのですが、
また前回の二の舞という可能性も若干あり、、、と気が抜けません。
不定期更新ですが、引き続きよろしくお願いします。

樋口、関東周辺の激戦区なら相当厳しいのでしょうが、この地方でこのレベルの宿は
奇跡に近いような気もしましたw
東西に長い山陰旅行の拠点の一つには間違いなくなると思います!
ただ、やはり山口の音信と比べると全体的に一枚落ちる感じですね。
(値段も違いますが)

あびちゃろ, 2008/09/01 12:25 AM

ハマーさん、こんばんは!

ここって、コメント修正しようと「戻る」をクリックすると消えてしまうんですか?
大作だったのに、うぇ〜ん (。>0<。) びええん

書き直す元気がないので、まずはご挨拶まで。

ブログの再開おめでとうございます。
これからも楽しみにしています。

ハマー, 2008/09/01 8:43 PM

あびちゃろさん、こんばんは!
コメント消えちゃいましたか・・・。
大作見たかったです!

戻るで消えることはないと思うのですが、戻った画面で
全部読み込みが終わるまでに何かアクションを起こすと
コメントが全部消えた苦い経験が僕もありますw

使いづらいブログでホントすみません・・・

これからもポツポツ更新して行きますので引き続きよろしくお願い致します!

あびちゃろ, 2008/09/01 9:40 PM

ハマーさん、こんばんは!

昨晩は失礼しました。
「だいこんの花」と「山水閣」の連作で、頭はボーッと眼は霞みの状態だったのです。

書きたかったことは、

山陰は未踏の地であるということ。
それから「山水閣」でも書いたのですが、リニューアルされたり別館を造った宿も、料理は変わらないんだな、ということです。
料理人はリニューアルできない(笑)

ハマー, 2008/09/01 10:19 PM

あびさん、こんばんは〜!

山陰、目当ては出雲だったんですが、山口の瑠璃光寺が
思ってた以上に素晴らしくて嬉しい誤算でした。
それと、日本海沿岸は東北もそうですが、
海沿いのドライブをするだけでも楽しいですよ〜。

それと、山陰に限りませんが山口は最近高級旅館系が
増えていますので、
(てしま旅館、別邸音信、只只etc)
日本全国津々浦々旅なさっているあびさん、
一度は是非行って見て下さい!

山水閣、去年の年末に別邸の「回」を泣く泣くキャンセル
したので、興味深く読ませて頂きました。
離れの露天風呂、素晴らしいかったんですね〜。
いいなぁ(TдT)

別館の宿は確かにおっしゃるとおりの所が多い気がしますね。
鬼怒川の笹音が正にそんな感じだったかと思います。
(僕、結構別邸、別館好きなんですけどねw)










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。