smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode
<< 萩温泉 常茂恵 訪問 【中国】 | main | 阿寒湖温泉 あかん鶴雅別荘鄙の座 再々訪 【北海道】 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

山代温泉 べにや無何有 訪問 【北陸】

明けましておめでとうございます。
昨年は殆ど更新せず失礼致しました。
今年はなぜか正月早々更新と幸先の良いスタートですw
といいつつ、昨年同様年間に数箇所廻るという感じですので、のんびりお付き合い頂ければ幸いです。
皆様にとって良い1年となりますように!

年の瀬も押し迫った時期に山代温泉の『べにや無何有』に行って参りました。
目的は昨年冬シーズンを丸々棒に振ったため、リベンジを兼ねて雪見温泉と蟹を満喫するためです。
 
北陸では、行く当日の未明に降雪があったとのことだったのですが、一般道を含め道路には殆ど雪は残っておらず無事に宿に15:00前に到着しました。



スタッフの方に荷物を持ってもらいロビーに向かいます。

ロビーは白を基調としたすっきりとした印象ながら、チェアーやデスク、窓枠に木を多く使い柔らかい印象を与えてくれます。




ロビーから臨む中庭の景色です。


お着きのお菓子は豆煎餅。暖めてから出してくれるのでホクホクして美味しかったです。


記帳を済ませて、女性スタッフの方に館内の説明を受けながら部屋へと案内してもらいます。
ちなみにここの女性スタッフのユニフォームが風変わりなんですが妙に可愛らしく印象に残ってます。コムデ・ギャルソンの和風版みたいな感じでしたw

部屋は特別室、和洋室、和室、洋室とあるのですが、特別室は1室しかなく埋まっていたので、今回は和洋室にしてみました。
2階の「中縹」というお部屋。「なかはなだ」、と読み、こういう色が実際にあるそうです。

部屋の前の写真です。

これだけ見ると微妙ですねw
無何有、館内全体がとてもいい雰囲気だったのですが、例外的に部屋付近の廊下は若干チープな感じでした。それとエレベーターも狭くて古い感じでした。4人乗ると満員w
リノベーションして現在のコンセプトにしたそうですが、ここら辺りはコストセーブしたということなのでしょう。

部屋の見取り図です。

真ん中の211が僕が泊まった部屋です。
写真上部、左右に伸びているのが共用廊下です。ちなみに210「若紫」と書いているのが1室だけある特別室です。

和洋室ですが、宿のHPを見ると広さが伝わってきませんでしたが、実際はかなり大きく、滞在中はゆったりと過ごす事が出来ました。

部屋の玄関です。


玄関を入って右手にあるウォークインクローゼットです。広いw



玄関正面にある和室です。10畳あります。



天井に、部屋内の廊下と同様の黒塗りの板を使っているので、引き締まった感じになります。

夜はこんな感じになります。


和室の奥にある広縁です。

床が竹を並べた様になっていますが、本物の竹ではないようで柔らかい素材で出来ているので裸足でも全く問題ありませんでした。

広縁から臨む中庭の眺めです。

目の前の大木は楓の木ということで、紅葉の季節は大変綺麗だということです。(*´д`*)ハァハァ


中庭を囲むように奥に和室・洋室の宿泊棟が続きます。

広縁の壁にテレビが収納されています。

大きさは17インチor20インチといったところでしょうか。
和室からは見ることが出来ないのが難点ですね。食事中でも見られれば言うことないのですが。


玄関左手奥にあるベッドルームです。

枕は羽根枕が用意されていますが、他にもテンピュール、蕎麦の枕もあり、夕食後にどれが良いか尋ねられます。

玄関から左手の廊下を進んでいくと正面にガラス張りを通して部屋露天が見えます。


一番奥にある洗面スペースです。


洗面スペース横にあるトイレ。


洗面スペースから露天に出る間にあるシャワーブース。

洗面台、シャワーブース共にやや狭い印象です。

部屋の露天風呂です。

残念ながら掛け流しではありませんでした。
ただ、保温は自動的にされているようでいつ入っても暖かかったです。
脇に加水・加温が手動で出来るようにハンドルもついていました。もう一つ黒色のハンドルが付いていたんですが、これが温泉水?なのかと思いましたが、確認しないまま帰ってきてしまいましたw
浴槽の大きさですが、幅1m、長さ2mといったところで一人であれば充分な大きさです。

部屋露天からの景色。やはり中庭が臨めます。

未明の雪が若干残っていました。



玄関脇にシンクがありました。

天皇にも献上したという加賀ほうじ茶があり、これが(゚д゚)ウマ-でした。
シンク下に小型の冷蔵庫がありましたが、飲料類は有料でした。

部屋はテレビ、洗面台、露天等所々に不満に感じる点もありましたが、全体的にはゆったりと過ごす事が出来、デザインも統一性があり落ち着いた雰囲気で素晴らしかったです。


次にパブリックスペースの説明です。
2006年に新設した方林と円庭がこの宿の最大のパブリックスペースとなります。
ロビーを入って左手に宿泊等が続くのですが、方林・円庭はロビー右手からエレベーターで2階に上がったところに広がります。

エレベーターから降りて目の前に広がるのが円庭です。

水の雫が右手上方から伸びる管から落ちて、下に円形に大きく広がる池に落ちるのですが、水滴が1滴1滴生き物の様に動くさまがなかなか面白いです。
円庭の奥にはエステを行うスパ施設がありました。

エレベーター左手には方林が広がります。

雑誌でもよく取り上げられる空間ですが、詳しい説明は円庭共々女性スタッフが懇切丁寧に説明してくださいますので、ここでは省かせて頂きますw

高尚なことはとんと分からない僕ですが、自分以外誰もいないこの空間で瞑想に耽れば日常では気付かない何かが発見できるかもと思わせる雰囲気はありましたw

方林のテラスに薄っすら積もる雪がまた良い雰囲気でした。


ロビー脇、方林の階下には図書室のようなスペースもありました。

真ん中に見える火鉢?にはちゃんと火が入っていました。


ここにある書籍はフロントに言えば持ち出しが出来て部屋で見ることが出来るそうです。

ロビーとフロントの脇にあるお土産売り場。

加賀ほうじ茶も販売していました。

ロビーから宿泊棟に向かうところに雑誌を置いたスペースとインターネットスペースもありました。





大浴場ですが、ロビー脇にある階段を下りた地下一階にあります。
記憶が既にうろ覚えなのですが、交代制ではなく、夜中は使えなかったかと思います。
サウナもありますが、こちらは一足早く20時迄の利用だったかと思います。

男湯の入口です。


脱衣場です。手振れw


内湯です。


露天風呂です。

広さは2m×2mくらいでしょうか。大浴場にしては狭いです。
内湯もこれと言った特徴もなく、普通の旅館の大浴場と言った感じでした。

パブリックスペースは方林・円庭を始め充実しており、ロビーも有料ですがカフェとなっていますので滞在中は部屋に篭るより色々徘徊した方がこの宿を満喫できると思います。
ちなみに、ロビーで供される栗パイですが、相方が絶賛してましたw
スタッフの方が何時間も掛けて栗を剥き、パイ生地も厨房でちゃんと作っているそうです。

さて、料理です。
夕食の時間はチェックインの時に選べるのですが、18:30からでお願いしました。
今回は折角冬に行くのだから、と言うことで「活け蟹づくし」です。
(通常料金に+¥15,000/人で変更できます。)

お品書きです。

見事に蟹だらけww

食前酒の大吟醸と香箱蟹とおひたしです。

お酒飲めないので大吟醸は飲まずw
ちなみに夕食時、近くの農園で採れる葡萄から作った葡萄ジュースを飲みましたが、メチャメチャ(゚д゚)ウマ-でした!お酒飲めない方は是非頼んでみて下さい!
香箱蟹は食べ終わった後、仲居さんが、真ん中の殻の裏部分にある卵が一番美味しいんだと説教しながら割ってくれました。確かに(゚д゚)ウマ-。

椀盛です。

蟹のしんじょがふわっふわでした。

向付です。



鰤は大根おろしの入ったタレで食べるのですが脂が乗ってメチャメチャ旨かったです。

宝楽焼き、ゆで蟹、すき鍋の三連発です。





宝楽焼きの後半から既に腹一杯になって、そこから先は半分苦行と化し、仲居さんに励まされながら頑張って食べてました。勿体ねーw

最後に蟹味噌がふんだんに溶け込んだスープを使った雑炊で締めます。


食後のデザートです。

右手奥がルレクチェというフルーツですが、山形で採れる洋梨の一種だということです。

食後の感想が、「もう2年は蟹はいいや〜」だったんですが、本当に蟹を堪能することが出来ました。
食の細い我々にはもったいない程の量でした。雑炊なんか、空腹時に食べたら涙が出るほど美味しいんだろうなぁ。。。

食後の片付けの時には夜食も差し入れて貰いました。

食後満腹で僕は速攻で寝くたばったんで、相方が全部食べてましたw


朝食ですが、こちらも部屋出しとなります。時間も選択でき、無難に8:00からお願いしました。

まず、牛乳とグレープフルーツジュースが供されます。

朝のフルーツジュースはホント生き返ります。

朝食も献立表を貰えます。可愛いw


御飯は白飯かおかゆか選択できます。

朝食は至ってオーソドックスですが、温野菜があるのが他の宿とはちょっと違いました。ゴマソースを付けて頂きましたがホクホクして(゚д゚)ウマ-でした。

チェックアウトの11:00迄、部屋の露天に入り直したり部屋を満喫して宿を後にしました。
チェックアウト時に、帰りに金沢に寄って帰ると話したところ、何人ものスタッフの方が地図やガイドブックを出しつつ懇切丁寧にお勧めのスポットなどを教えてくださり、とても嬉しかったですね。

最後に総括です。
ハード面ですが、2006年に方林・円庭を新設した際に従来のところも手直ししたのでしょうか、館内全般押し並べて綺麗でデザインも統一性が窺えるとても素晴らしい宿でした。
部屋もデザインを意識しつつ、居住性はあまり犠牲となっておらず、和室を中心にゆったりと過ごす事が出来ました。
部屋露天が掛け流しで、テレビも見やすい位置にあれば完璧なんですが。。

ソフト面ですが、館内を徘徊したこともあって老若男女wたくさんのスタッフと会いましたが、皆さん優しく挨拶をしてださると共に必要に応じて丁寧に説明もして下さいました。
温泉旅館では相当質の高いサービスを提供する旅館だと思います。

人気の宿で予約も困難ですが、今度は中庭の楓が色付く紅葉の季節に是非再訪したいと思いました。
今度は蟹以外の料理も堪能したいなw


宿泊データ

和洋室 ¥48,450/人(2人、税込み) ※休前日料金
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜11:00
部屋数:17部屋 (特別室1、和洋室6、和室8、洋室2)
その他:食事は朝・夕ともに部屋出し
           活き蟹づくし +¥15,000/人 (11月初旬〜3月頃)
地図:
     

JTBの予約ページへ
一休.comの予約ページへ


ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 15:43, ハマー, 北陸

comments(16), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 15:43, スポンサードリンク, -

-, -

comment
ちゃろちゃん, 2009/01/02 9:02 AM

ハマーさん、あけましておめでとうございます。
今年もひとつよろしくお願いします。
一発目のコメント、箱根から失礼します。
携帯からしか読めてないので帰宅したらまた改めてコメントさせてもらいますね!
鄙の座も無可有も楽しまれたようでよかったです。

あびちゃろ, 2009/01/02 11:07 AM

あけまして、おめでとうございます!

ひと月遅れで訪問する私にとって、とても参考になりました。楽しみです。
料理は欲張って(笑)「冬の特別会席」を予定しています。

特別室の「若紫」はリピーター枠(一年前から予約可)でないと無理なのでしょう。
私は、どの部屋になるのかわかりませんが、ちゃろさんやハマーさんと同じ部屋かもしれませんね(笑)

ことしも、よろしくお願いします m(_ _)m

ハマー, 2009/01/02 11:54 AM

>ちゃろさん
あけましておめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願いします!
箱根駅伝観戦中にコメントありがとうございますw
僕も家で見てますが今年はやたら出場校が増えた上に、いつもの上位組みが苦戦して
替わりに明大とか東農大とか微妙なところが頑張ったりしていて
例年にない面白さがありますね。

鄙の座も相変わらず良かったです(*´д`*)ハァハァ
こちらの方も近々レポうpしますね。


>あびさん
あけましておめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願いいたします!

あびさんも食事ランクアップなさったんですね。
特別会席は蟹以外の北陸の美味しいものを色々堪能出来るので
こちらも魅力的だったのですが、今回は蟹を浴びるほど食べたいとの思いが強く「蟹づくし」にしてしまいました。
あびさんのレポ楽しみです。
ちなみに無何有の帰りに金沢で回転寿司を食べたのですが、
回転寿司なのに何を食べてもメチャメチャ(゚д゚)ウマ-でした。
北陸はホント魚が美味しいですよね。
東京からだとかなり行き辛いのですがまたすぐに行きたくなりました。

パンダ, 2009/01/02 2:38 PM

あけましておめでとうございます!

うわ〜!いいなぁ・・・・。
毎回、妄想の上でシュミレーションをしています(笑)
我が家が良くのは当分、先のことになりそうですが、素敵ですね!!
8年前位にお客様が宿泊されて絶賛なさっていたんですよねぇ・・・。

拝見するに洗面所は確かに狭そうですけど、全体的な雰囲気は素敵ですね!
あ〜!行ってみたいです!

ハマー, 2009/01/02 9:31 PM

パンダさん、こんばんは〜。
無何有、宿全体が上手く纏まっていて、スタッフの方の質も高いので良かったです!
二年前にリニューアルしてさらに良くなっていると思うので
機会を見つけてぜひ!w

森の住人, 2009/01/03 11:22 AM

あけましておめでとうございます。

今年は北陸方面を考えていましたが、訪ねてみたい宿のひとつがアップされていたので、喜んで読ませてもらいました。
写真や文面でも宿の雰囲気がよく伝わってきました。

泊まるなら「若紫」か「和洋室」で考えていますが、あびたろうさんの話では「若紫」は難しいかも知れません。

ところでハマーさんは酒は駄目なようですね。
「うわー勿体ない!」と言いつつ、下戸の方の苦労もよく知っているので、それ以上は申しません。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

ハマー, 2009/01/03 2:41 PM

森の住人さん、明けましてあめでとうございます!
こちらこそ今年もよろしくお願い致します!

若紫と和洋室は、若紫は部屋食を食べるスペースが和室とは別にあったり、
洗面所がダブルシンクで部屋の露天も少し大きくなったりと、
和洋室を一回り大きくした感じだと思いますが、
二人ですと和洋室でもゆったりとすごせると思います。

そう、相方と夫婦揃って下戸なんですw
全国の旅館を廻ってますと宿によっては
ものすごいラインナップのお酒を用意してあるところも数多く
宿を満喫する上でお酒が飲めないというのは結構なハンデかな、と思ったりもします。
宿のバーの雰囲気が素晴らしい時は、その雰囲気を味わいに背伸びして行くこともあります。
二人で甘いカクテル1杯ずつしか飲めませんがw

ちなみに、レポにも書きましたが、夕食時だけ頼める葡萄ジュースは
本当に美味しかったですよ!
もしお酒飲まれない方と行くことがあれば、是非頼んでみて下さい!

スキップ, 2009/01/10 11:18 AM

ハマーさま
ご無沙汰いたしております。
そして、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
久しぶりの更新、楽しく拝見しました。

「べにや無何有」は私もお気に入りの宿で、と言っても一度しか泊まったことはないのですが、ハマーさんと同じこの和洋室に宿泊しました。
朝食のかわいいメニューもなつかしいです。
こちらを設計された建築家の竹山聖さんが知人の中学時代の同級生!ということもあって、何度かお目にかかったことがあるのですが、設計にあたっては何度も何度もべにや無何有を訪れ、おかみさんとは今も親しく交流していらっしゃるとおっしゃっていました。
私が訪ねたのは2006年の改装より前でしたので、この記事を拝見してまた行ってみたくなりました。

ハマー, 2009/01/11 1:26 AM

スキップさん、ご無沙汰してます!!
昨年は殆ど更新できず失礼致しました。
今年もたいして更新できないと思いますが・・・どうぞよろしくお願い致します。

べにや無何有、スキップさんもこの部屋でしたかw
デザインに懲りつつ、ゆったりとして、とても良い時間が過ごせました。

竹山聖さんに何度もお目にかかったって結構すごいですねwww
強羅花壇も設計された方ですよね〜。

改装で出来た方林と円庭、このスペースを使って部屋を増やした方が収入が増えるのにもったいない、
と人事ながら思ってしまいましたw

雪景色も綺麗でしたが、今度は紅葉の季節にまた来たいな〜と思いました。

森の住人, 2009/04/01 6:53 PM

ハマーさん、こんばんは。

まだ先ですが、
北陸方面に行くことに決定!?しました。
宿は魚恵/無可有/他はまだ思案中です。

さて読んでいたら、
「金沢で回転寿司を食べたのですが、回転寿司なのに何を食べてもメチャメチャ(゚д゚)ウマ-でした」のコメントが!

私も鶴岡の激旨/激安の回転寿司にいつも感動しているので、
宜しかったら(覚えていましたら)店名を教えて下さい。

では宜しくお願いいたします。

ハマー, 2009/04/01 8:24 PM

森の住人さん、お久しぶりです!

魚恵という旅館は知らなかったんですが、今HPを拝見したら、民宿ですがすごい料理が美味しそうですね・・・!

僕が行った回転寿司屋さんは、、、思い出しました!!
「すし食いねぇ! 県庁前店」です。
http://www.sushikuine.co.jp/
値段は激安とまではいきませんが、本当に美味しかったですよ。ネタも豊富で楽しめました。

ホントは「金沢まいもん寿司」に行こうとしたのですが、ここは超有名店で、1時間半待ちだったので断念しました。
http://www.maimon-susi.com/
事前に携帯で予約が出来るみたいなのでトライしてみるのも良いと思います!

嗚呼、また美味しい寿司を食べたくなってきました・・・

, 2009/04/02 7:16 AM

ハマーさん、
早速有り難うございます!!

「すし食いねえ」も「まいもん寿司」もチェックです。
金沢には2日間程滞在予定なので、
欲張って2つとも行くかも?知れません。

魚恵も無可有もまだ仮予約と言ったところです。
民宿に行くのは久しいのですが、
魚恵はなかなかの料理が期待出来そうです。
我が家では美味しくて、清潔であれば、
(勿論広くて客室露天付きなら言うことありませんが…)大凡OKです。

すみませんが、もうひとつお願い(汗…!)です。

昨日八ッ三館の聚楽を予約をしたら、ここにもハマーさんの訪問記がありました。
いろいろ行かれていますね。しょうげつやリトリートもあり、羨ましくなりました。

恐縮ですが、
頂いたおせち以外の料理は、
如何でしたでしょうか。

もう満腹感いっぱいで、
記憶を思い起こさせてしまい、
誠に申し訳ありませんが、
一言感想をお願いできればと思います。

森の住人, 2009/04/02 7:18 AM

すみません!
上記のコメント、何だか名前が抜けておりました。

ハマー, 2009/04/02 9:57 PM

森の住人さん、こんばんは〜。
飛騨・北陸は好きなのでよく行くんですよ。

八ツ三館、おせちの他も気張って高級ステーキを頼んだんですが、これも僕には脂が多すぎてちょっとキツかったんですよね(涙
料亭旅館として歴史もありますので、普通の会席などは美味しいはずなのですが。。
場所柄、海鮮類はやはり鮮度を始め加賀などの温泉旅館と比較すると落ちるのは仕方ないところですね。
地場ですとやはり山菜系がメインになりますので、山菜自体が苦手だとちょっと厳しいかもしれません。
ただ、部屋は新しく綺麗で、サービスも色々趣向を凝らし旅館としての満足感は得られやすいと思います!

聚楽、僕が訪問した時は無かったと思いますが、すごい良さそうですね。あと、広いw
レポート楽しみにしてます!

, 2009/04/03 6:18 PM

有り難うございました!

地場産の素朴な料理もなかなか捨てがたいものがあるので、楽しみにしております。

今回はしょうげつやリトリートも候補に挙げていたんです。
飛騨/北陸にはよく出掛けると言うことなので、
また伺うことがあるかも知れません。

そのときは宜しくお願いいたします。

ハマー, 2009/04/05 9:47 AM

森の住人さん、了解しましたー。
何でも聞いて下さい!










trackback
url:http://kokyuryokan.jugem.jp/trackback/43
高級?旅館・ホテル@ちゃろちゃんねる, 2009/01/07 11:04 PM

「あらや滔々庵」を10:30くらいにアウトして、能登金剛に行くことにしますた。 数年前、七尾から輪島まではドライブして攻めたのですけ...