smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode
<< 旅が楽しくなる動画 | main | 花見 2010 in 京都 (柊家別館) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

フラノ寶亭留 訪問 【北海道】

昨秋の北海道旅行、三余庵に続いて富良野にあるフラノ寶亭留に泊まってきました。
名前から分かる通り定山渓の第一寶亭留系列で2006年の7月にオープンした新しめのホテルです。第一寶亭留は最近がしがしホテルをオープンさせてますね。

フラノ寶亭留は富良野市街から空知川を渡って国道38号を少し進んだあと右折して山中に少し入ったところにあります。

車止めに車を停めるとすぐにラウンジに案内してもらえます。


正面は全面ガラス貼りのパノラマビューで眼下にホテルの庭が広がり遠方には山々の紅葉が楽しめました。
庭はこの時期サニーレタスみたいな物体だけありましたが、6月にはラベンダーが咲き誇るみたいですねw
ラウンジは3階に位置しており、レストラン、バー、大浴場もこのフロアにあります。
部屋は2階と3階にありますが、今回僕が泊まったラグジュアリーツインBは2階にありました。
2階の館内図はこんな感じで、僕が泊まった部屋は一番小さい端っこの201ですw



部屋はジャグジー付きのツインで、シンプルというか簡素というか、この値段に見合った部屋という感じでした。


ベッドの前に壁掛けの大型のテレビがあり、これは見やすかったですね。





冷蔵庫は入り口入って部屋とは逆の脇にありました。フリードリンクだったかな。


洗面スペースはこんな感じです。
受けのシンクが浅すぎて水が弾けまくりでしたwおいw


シャンプーとかはロクシタンだったような。



ジャグジーは相変わらず上手い使い方が不明w
シャワーが使い辛いのなんのって。シャワーブースが欲しいところ。他の部屋はあるのでしょうか。


タオルは複数枚あり、パジャマも着心地が良くてgoodでした。


パブリックスペース。
ラウンジの脇に売店があります。


ラウンジの奥にバー、レストランが並びます。


1階には客室がなく、大浴場と展示スペース、ラウンジがゆったりと広がっています。

北海道原産の木材で作った家具を展示してました。


ラウンジ。奥に会議室もありました。

大浴場は3階と1階、2箇所あり、男女時間交代でどちらも入れます。







少々小さくはありますが、僕が泊まった時は混み合うこともなくゆっくりと温泉を楽しむことが出来ました。
温度もぬるめで僕好みだったかも。

さてさて、食事です。
スイマセン、献立は紛失してしまいました。
しかし、これだけは覚えてます!量、少ねーっ!







僕らは少食なので、これで腹8,9分と言ったところですが、普通の人なら大分物足りないんじゃないかなぁ。味は特に不満はありませんでした。
デザートの写真が残ってないんですが、何も出なかったんだっけな。いや、そんなことないか。
記憶が。。


これはレストランとバーの間の喫煙スペースです。
尚、バーはだいたいのお酒がフリーで飲めます。
これは良いサービスだと思い、帰りにカクテルを一杯頼んだのですが、これが飲んだことないような不味い味。。
ただのカシスソーダだったんですが、カシスをケチッたんですかね。カシスが薄かったです。
せっかくのサービスもこれでは逆効果のような。。
ウイスキーとかは不味く作りようがないから利用価値は高いんですかね。

朝食も夕食と同じレストランで頂きます。


朝食も少なめw
でもヘルシーな感じで良かったです。
ここもジュースは牛乳含め数種類楽しめたと思います。
当日は一気に函館に行くため、早めにチェックアウトして旅路を急ぎました。

感想。
値段と満足度が非常に微妙な感じのホテルでした。パノラマに広がる景色は美しく、北海道ならではの自然を感じることが出来ます。ただ、シンプルな感じでまとめた館内、ところどころチープさも感じ、それであるならばオフシーズンでこの価格はちょっと高いのかなと。
食事もフレンチですが、格式が高いと言う感じでもなく、バーのサービスも、僕がたまたま運が悪かっただけかもしれませんが、逆効果。
道央もなかなか良いホテル・旅館がないので、そういう意味では値段もそう高くはなくお薦めです。近くにあるオリカも検討したのですが、オリカはかなり値段が強気なので今回はこちらに泊まりましたが、比較検討して個人個人で良いと感じた方に泊まれば良いかもしれません。


宿泊データ
ラグジュアリーツインB(禁煙 2F) ¥30,240/人(2名・休前日・消費税・サービス料込)(オフシーズン)
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜11:00
部屋数:25部屋 

地図:
    

JTBの予約ページへ

一休.comの予約ページへ


ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 11:47, ハマー, 北海道

comments(2), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 11:47, スポンサードリンク, -

-, -

comment
あびちゃろ, 2010/01/10 5:44 PM

ハマーさん、こんばんは!

私が泊まった部屋とはかなり違いますね。
バスルームにはシャワーブースがあり、使い勝手は良かったと思いました。
部屋自体はチープな感じでしたがww

料理に関して、私どもは少ないと思いませんでした。ワインを飲んでいたということもありますが、私どももかなりな少食なので丁度良かったという記憶があります。
私の訪問記を見直してみると、デザートが何種類かありました。
それでお腹が膨らんだのかもしれませんがww

今年の4月に新しい宿がオープンします。
http://www.biei-hotel.com/startup/
夏に挑戦してみます。

ハマー, 2010/01/10 8:17 PM

あびさん、こんばんは!
やはり部屋のランクを上げるとシャワーブースはあるんですね。
ケチるとよくないですねw
ただ、大浴場は結構良かった記憶があり、部屋は最悪全く使わなくてもいいかもしれませんね。

食事は、デザート出ないというのはありえませんので、ただの撮り忘れですね。
行ってすぐ書かないと全く参考になりませんねw

美瑛の新しい旅館、あびさんの掲示板で今年の予定にラインナップされてたのでこっそり昨日見てましたw
イメージ図がまた想像を膨らませて行くまでも楽しいですね。
オープニングはスタッフのレベルが落ちてしまいますが、覚悟しておけば逆に面白かったりしますし。

道東・道央で良い宿が増えるのは北海道リピーターとしては嬉しい限りです。あびさんのレポート、楽しみにまってます!
後は道北に良い宿が出てくれば最高ですねー。










trackback
url:http://kokyuryokan.jugem.jp/trackback/49
高級旅館・高級ホテル宿泊予約, 2010/01/09 12:00 PM

TB失礼します。当ブログで旅行関連おすすめ新着ブログとして紹介させて頂きました。