smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode
<< 富山 薪の音 訪問 【北陸】 | main | 伊豆高原温泉 花の雲 別荘 訪問 【伊豆】 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

山代温泉 べにや無何有 再訪 【北陸】

あけましておめでとうございます。
年に一回の更新頻度に陥ってますが、久しぶりのupですw


蟹を食べに昨年の年末に『べにや無何有』に再訪してきました。 今回は3年前に訪問した際から変更があったところを中心に記載したいと思います。 
前回訪問記はこちら

北陸は寒いものの雪ではなく生憎の雨模様。
旅館に15時過ぎに到着すると、雨が降っているのにも関わらず出迎えなし。。
チェックインのピーク時でしょうが、いきなり気勢を削がれる出だし。

今回は1ヶ月程前に予約をトライしたこともあり、和洋室は埋まっており、和室を選択。

ロビーは前回から特に変化ありませんでした。
今回泊まる和室は1階でした。ロビーが2階にあるので1階降りるのですが、一旦外に出ます。

各部屋の間取りはこんな感じです。
僕が泊まった和室は上段右から3番目の和室タイプでした。
2間+広縁+テラスと大きさは二人で泊まるには十分な広さ。

広縁からはのんびり庭を鑑賞できます。
雑誌で有名なハンモックは冬のため撤去されてましたw

主室はこんな感じです。
空調の他にホットカーペットもありgoodでした。
副室の和室は布団を敷くわけでもなく、テレビもなく特に利用せず。昼寝用の籐枕の用意がありました。これは何気に嬉しい。
玄関脇に冷蔵庫がありましたが中のものはすべて別途料金。
コーラーが230円と、まぁ良心的な範囲でしょうか。

洗面台はこんな感じです。

洗面スペース奥にトイレ、横にシャワーブース、そこから部屋露天と繋がりますが、この辺りは扉を押したり引いたりと少々手狭な印象。

部屋露天は一人で入るのでいっぱいくらいの小ささで、庭に面しているためガラスもスリットと開放感は全くなしw
ここは和洋室と大きく異なる点ですね。
温泉はかけ流しではなく、24時間自動温度調整+手動で水・湯で調整も可能です。なんでも宿泊客滞在中は源泉から部屋露天にはお湯を流さず、すべて大浴場に回すとのこと。効率的というかなんというか。
設定温度が高めということもあり、部屋露天は殆ど使用せず。
大浴場も部屋数の割に洗い場、浴槽ともに小さく、このクラスの旅館ならもうちょっと頑張って欲しいなというところです。

ちなみに、前回から一番の相違点は部屋食ではなくなったところなのですが、夕食時の布団敷きの時間を利用してアロマのサービスをしてくれました。
チェックイン時に上記から選びます。

メインイベントの夕食です。
前回活き蟹尽くしを選んだのですが、あまりのボリュームに食べきれなかったため、今回は活き蟹会席をチョイス。
食事の場所ですが、前回は全部屋、部屋食と記憶していたのですが、今回は朝夕ともに食事処とのこと。
部屋食というか、部屋の横の個室食事スペースも2か所ほど見かけましたので、特別室や和洋室に宿泊するとこの個室を使用できるのかも。

そして我々の食事処ですが、なんと!この旅館の代名詞にもなっているあの方林の半分を仕切って食事処に!
前回来た時に正直もったいないスペースだなと思ったのですが、旅館の方でもそう考えていたのでしょうかw

テーブル間は特に仕切りもなく、椅子もチープなため、天井は高く床も雰囲気あるのですが、なんとも残念な仕様変更です。


蟹尽くしと比べると間に他の食材も入り色々楽しめるので僕としては断然こちらが好みでした。それでも十二分に蟹は満足できましたし。最後の蟹鍋はもう少し軽めの出汁にしてくれれば飽きが来ずに良かったかも。最後の料理にしてはちょっと重かったかな。

食事から戻ると前回同様夜食も差し入れて下さっていましたが、満腹でそのまま睡眠w
布団はマットも分厚く、枕も3種類から選べたので快眠できました。
パジャマでなく、浴衣なのがちょっと残念。一度綿生地のパジャマの着心地を体感してしまうと、糊のきいた浴衣で寝るのが阿呆らしくなってきてしまいますね。これも贅沢病の一種でしょうかw

朝食も大きな変更が。養殖も選べるようになっていました。
それぞれの献立はこんな感じです。
上が和食で下が洋食。

和食・洋食ともに食前のドリンクを下記のリストから選べます。
小さなコップですが、全ての種類を何度でもおかわりでき、これは素晴らしいサービスでした。全部美味しかったのですが、牛乳が濃厚且つさっぱりとしたもので中でも一番美味しかったです。やはり朝の牛乳はうまい!


上から共通のサラダ、洋食、和食ですが、食べるそばからどんどん運んでくるので写真撮るの投げ出してしまいましたw

チェックアウトが11時なので、部屋に戻って布団でごろごろして滞在を終了。
朝食時に布団を揚げるかどうか確認してくれるのでもちろんそのままとお願いしました。これも有り難いサービスですね。

こんな感じで二度目の訪問が終わりました。
チェックイン時の対応のまずさと、担当の仲居さんが配膳も言葉使いも配慮に欠けるところが多いハズレの人だったので、あまり良い再訪とはなりませんでした。
3年前と比較すると改善されている点よりも改悪となっている点が勝っている印象もあり、なんとか踏ん張ってほしいところです。
今回はたまたまハズレでしたが、他のスタッフは前回同様良い感じの人も多く、運が悪かったという点もありますが、皆さん疲れを癒しに奮発して年に数度の温泉旅行なわけですから、極力ハズレをなくしてもらいたいところです。

 
宿泊データ

和洋室 ¥45,300/人(2人、税込み) ※休前日料金
チェックイン:15:00〜
チェックアウト:〜11:00
部屋数:17部屋 (特別室1、和洋室6、和室8、洋室2)
その他:食事は朝・夕ともに食事処
           活き蟹づくし +¥8,000/人 (11月初旬〜3月頃)

JTBの予約ページへ
一休.comの予約ページへ


ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ

at 16:17, ハマー, 北陸

comments(6), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 16:17, スポンサードリンク, -

-, -

comment
あびちゃろ, 2012/01/02 10:18 PM

ハマーさん、明けましておめでとうございます。
お久し振りです。

ハマーさんの今回の部屋は、私の二回目の訪問の時と同じ造りですね。
料理は最初の訪問時と同じ流れです。
私の初回の訪問時の仲居さんはハズレでした(笑)

ここの蟹は美味しいですね。
しかし最後の蟹雑炊の出汁が濃すぎて残念でした。
ほんとうに軽めの出汁にして欲しいと思います。

今年も宜しくお願いいたします m(__)m

ハマー, 2012/01/02 11:35 PM

あびさん、ご無沙汰してます。
年に一度の更新なのに翌日にコメント頂けて恐縮ですw

あびさんの訪問記を参考に蟹尽くしから蟹会席にして大正解でした!
部屋は和洋室でないと温泉は全く楽しめませんね。。
今度泊まるならまた和洋室に戻そうと思いますが、3度目はあるにしても、今回だいぶ懲りたのでだいぶ先になりそうです。好みもあるでしょうが、せっかく泊まるならホテルライクなもてなしが良いですね。なぜか上から目線で説明されるとカチンときてしまいますw

近いうちに花の雲別荘に泊まる予定なので今年は2回は更新できそうですw

こちらこそ今年も宜しくお願い致します!!

森のセンベイ, 2012/01/09 2:28 PM

こんにちは!

そろそろだろうと思っていたら、更新があってほっとしました。
それにしてもあびさん、早い!

冬の北陸は是非訪ねてみたい所ですが、雪道が怖くて少々怖じ気づいています。
蟹大好き一家なので、またハマーさんの追っかけかも知れません。

次の花の雲別荘も楽しみにしております。
では今年も末永いお付き合いを宜しくお願いします。

ハマー, 2012/01/12 6:10 AM

森のセンベイさん、ご無沙汰してます!
コメントありがとうございます。返事遅くなってすみません。出張に出ておりました。
雪見温泉が好きで毎年冬に北陸、飛騨に進撃しますが、レンタカーにスタッドレスを付ければ奥飛騨でも全く問題ありませんよ。最近の道路は融雪効果が高く二桁国道であれば雪自体道路上にないくらいで快適なドライブができます。是非楽しんで来て下さい!

今年も宜しくお願いします。



REI, 2012/01/24 6:58 PM

ハマーさん
初めまして、REIと申します。
初めてコメントさせて頂きます。いつも楽しみにブログ拝見させて頂いております。私も旅行は好きなんですが
先立つものが・・・まぁそれはおいといて、
私も10年程前に今回宿泊された
「べにや」さんに泊まったんですが、全体的にOKだったと記憶してるんですが、一つ強烈に印象に残っている出来事がありました。
それは、夕食後フロントに行き、
(私)「周辺に繁華街みたいな所はありますか?」
(フロントのおじさん)「部屋はどこでっか」的な聞き方。
(私)「○○です」
(おじさん)「ちょっと待っておくれやっしゃ」的な言い方。
おもむろに電話を掛け始め
担当の仲居さんに掛けてる様子
(おじさん)「あぁ、もしもし、あんたんとこの客が、この辺に飲み屋ないか言うて、ここで待っとるで!」
かなりダメでしょ、このおじさん。
「愚痴ならよそで、言えよ」って
言われそうですが・・・
どこの旅館にも一人や二人こういう人がいるのは、しかたの
ない事なんですかねー。
でも結構な宿泊料を取るんだから、もう少し接客態度を改めて
ほしいものです。
「次は、ねーな」というのが
べにやさんに対する僕の
記憶となりました。
花の雲別荘楽しみにしてます。
では、失礼します。

ハマー, 2012/01/24 11:20 PM

REIさん、初めまして!
こんな過疎ブログをご覧くださってありがとうございます!
僕も先立つものがなくて訪問が滞っており更新が少なくて申し訳ありません。。

しかし、ホテルと比べると旅館の接客は低い方にムラが広がってる感じですよね、結構な頻度でハズレをあてがわれます(涙
接客が多少悪くてもその他がよければ、まぁ許せるんでしょうが、今回は部屋も風呂もいまいちだったので、次はしばらくないなぁとの結論に僕もなりました。

心付でも渡せば違うのかな、と思いつつ、高い料金を払っているので意地でも払いたくないという貧乏性なので、旅館業全体の接客レベルが上がってくれることを祈るばかりですw










trackback
url:http://kokyuryokan.jugem.jp/trackback/52