smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
profile
recommend
recommend
recommend
recommend

sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links

others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
mobile
qrcode
<< 洞爺湖温泉 乃の風リゾート 訪問 【北海道】 | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

宮浜温泉 庭園の宿 石亭 訪問 【中国】

先月広島の石亭に行ってきました。
8月の広島は暑い。


石亭は宮島の対岸、廿日市市の高台にあります。
電話をすると宮島口にある系列店の「あなごめし うえの」まで車で迎えに来てくれます。
そこから2号線を西に進んで15分程度で石亭です。
宮浜温泉と謳ってますが民家が混在するエリアでした。入口もこじんまりした感じ。
チェックインは部屋で行います。
今回泊まった部屋は聖山。
石亭は傾斜地に建っており、母屋が一番高く、母屋の二階と母屋の眼下にある庭を囲む形で離れが広がってます。
聖山は母屋から左に廻ってかなり下がった位置にあります。
従って、部屋からは瀬戸内海・宮島は望めません。
これらを部屋からじっくり眺めたい方は母屋の二階の部屋か母屋に近い離れの部屋が良いでしょう。
母屋の二階は部屋の造りが小さく、基本二人使いのようです。
家族でゆったりとなるとどうしても下の離れの部屋になってしまいます。
母屋から聖山へのアプローチ。


記帳時に出てきた酒粕アイス最中と生姜水。
8月の広島は酷暑なので助かります。


聖山は和室3室の広々とした構成。



部屋の正面、庭に臨むところに藤棚があります。↓の写真の奥に写ってるところです。春は見事な藤を愛でることができそうです。蜂もすごいのかもしれませんが。。



広縁の端に文机も。


部屋のお風呂は温泉ではありません。



湯船は狭めです。一番下は写ってませんが天井に大型のシャワーが据え付けられており、これが一番気持ちよかったですw

洗面所は撮るの忘れてしまいましたが、アメニティはそこまで充実はしておらず。
部屋着は浴衣2着のみ。パジャマ・作務衣がないので、浴衣で寝るのが苦手な方は寝間着を持参すべし。


ネスプレッソ以外はドリンク類も有料です。


石亭と言えば、やはり素晴らしい庭と庭越しに見える瀬戸内海・宮島の借景です。
母屋のラウンジから絶景を堪能できます。
宿泊日は8月には珍しく空気が澄んでおり、綺麗に宮島まで望むことができました。






ラウンジ脇にはお皿が展示販売されてます。

もみじまんじゅうやお香など普通のお土産もロビーで販売してます。
母屋には大浴場もありました。
写真は撮ってませんが、そこまで広くないものの清潔感はあり気持ち良かったです。
但し、循環・加水・加温なので温泉を楽しみたい方には向いてないですね。

夜のフロントはこんな感じです。


庭にはラウンジ横からも、各離れからも自由に入ることができます。


庭からもぎりぎり瀬戸内海が望めます。


庭から母屋を取った写真です。


各部屋から代わる代わる人が出てきては庭で記念撮影をしていきますw
離れからはよく庭が見えるので、当然庭に入ると各離れも良く見えてしまいます。
これはまぁこの宿のジレンマでしょうね。

夜も篝火が焚かれ綺麗です。


この日は満月近くで月も綺麗でした。写真はぼけてますが。


夕食は部屋食です。
時間は選べます。僕らは7時からでお願いしました。












全体的に美味しく満足でした。ちょっと僕らには量が多すぎましたが。
場所柄、刺身は白身ばかりでせっかくの虎魚も途中からは食傷気味にはなりましたが。
あなご飯の味付けも甘すぎず満腹状態でも美味しく頂けました。
余ったあなご飯はおにぎりにしてくれます。
また、夜はラウンジでお汁粉も頂けます。



布団を敷いてもらって寝ます。浴衣は寝づらい。。


朝食も時間指定できます。僕らは8時から。場所は部屋食と宴会場と選べます。宴会場にしました。


量はやや多め。

朝にもう一度館内を探検。
ラウンジの下、池の目の前がライブラリーになってました。


ライブラリーからの眺め。


鯉は立派です。


ロビーが狭めということもあり、チェックアウトも部屋で出来ます。
チェックインも15:20と微妙に遅いですが、チェックアウトも10:20までとあまりゆっくりはできません。
宿泊とは別に昼の会食も行っているのでこうなってるんでしょうね。
チェックアウト後は他のお客様と一緒に送迎車で宮島口まで送って頂きました。

滞在時間、アメニティ、お風呂等もう少し頑張って欲しいところも多少ありましたが、オーナーの拘りが感じられる、なかなか良い宿でした。接客もみなさん非常に丁寧です。山口を除くと中国地方は他にこれと言った旅館もなく、中国地方を旅行する場合は外せない宿ではないでしょうか。
ラウンジ付近に50年前の創設時の写真も飾られていましたが、時代の変遷と共に部屋・庭に手を加え続けより良い形を追求している姿勢を強く感じることができました。
食事も月毎にメニューを変えているようですし、今度は違う季節に違う部屋に泊まってみたいと思います。


宿泊データ(2013年8月時点)
聖山 ¥40,050/人(3人、2食付き、税込み) ※休日料金
チェックイン:15:20〜
チェックアウト:〜10:20
部屋数:12部屋 

一休.comの予約ページへ 

地図


ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ 

at 19:17, ハマー, 中四国

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 19:17, スポンサードリンク, -

-, -

comment
あびたろう, 2013/09/14 10:09 PM

ハマーさん、こんばんは!

石亭、以前はチェックアウトが10時で、朝のんびりしたい我々にとって大いに不満なところでしたが、たとえ20分でも、努力しているなと感じますね。
「世界宿文化研究会」の宿、ちょっと金太郎飴的な匂いもしますが(笑)、よく頑張っていると思います。
http://yadobunka.jp/

石亭、オーナーの思いの伝わる、良いお宿ですね。

ハマー, 2013/09/15 10:33 AM

あびさん、おはようございます!
そうですか、頑張って以前より20分伸ばしてたんですね。30分でないところに苦労と配慮を感じますねw
世界宿文化研究会なんてものがあるんですね。結構幅広い宿が入ってますね。あさばと洋々閣はいつか行きたいです!










trackback
url:http://kokyuryokan.jugem.jp/trackback/58